一発逆転!?起死回生のネット集客

一発逆転!?起死回生のネット集客会社経営において起死回生を図らなければならない状態に陥ることは避けなければなりませんが、やむを得ずそういった状態になった時の 起死回生のネット集客 について今回書いてみます。

もしこのまま行くと3ヶ月先に資金がショートする!というような切羽詰まり起死回生を図らなければならない状態に遭遇した場合、最も重要なのは 「時間」 です。このような状態では時間の経過とともに手元資金は目減りしていき、限られた期間内に限られた集客予算の範囲内で結果を出さなければなりません。

よく切羽詰まった状況で、顧客を探す為に過去商談があった企業回りをしたり、ビジネス交流会に参加する経営者の話を聞きますが、私の経験上、半年から1年先を見通して実行するならともかく3~4ヶ月で結果を出すのはほぼ不可能に近いと思います。

一刻の猶予もないこの状況下であれば、ネット集客の中でも即効性が高いネット広告、さらに「今すぐ客」の比率の高い リスティング広告(PPC広告) を勧めます。本来、リスティング広告はPDCAサイクルを何度も回転させ、地道に広告効率を改善していってこそ真価を発揮するのですが、「今すぐ客」へアプローチ出来る広告の中では、このリスティング広告がベストの選択です。

自社の強みが発揮できる客層を絞り込み、その客層に合うキーワードで重点的にリスティング広告を行うのがポイントです。
さらにお問い合わせへの即応体制をしっかりと取ることも非常に重要です。せっかくリスティング広告経由でお問い合わせが来ても、成約に結び付けられなければ全く意味がありません。お問い合わせに素早く対応することで成約率は格段にアップしますので、スピードは是非意識してみてください。

スポンサーリンク

最後に 業者選びのポイント ですが、

  • 対応スピードが速いホームページ制作会社
  • 業界に精通するリスティング広告運用会社

を是非選んでください。

集客において“時間”と“スピード”を意識していけば必ず活路が開けます。

ただ、会社経営として追い込まれる事態に至る場合、いくつもの問題点が複合的に作用しているケースも多々見受けられます。そういった場合、集客だけでは事態が好転しないケースもありますのでご注意ください。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第1法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最も単純な戦闘を指すものとなってい…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認識した上で価値ある手立てで行うのが、競…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です。 弱者ならばランチェスター…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦いとは1815年6月18日に起きた、フランス皇帝ナポレオン1世(ナポレオン・ボナパル…
  2. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦いは、中国の三国志の時代、曹操軍と袁紹軍が戦った戦いです。この戦では兵力的に大きく劣っていた…
  3. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦いにおける東軍の勝因とは、基本的には前哨戦の部分を含めて考えることで、理解しやすいでしょう…
  4. 西南戦争|勝因・敗因
    戦争で勝敗を決める要因として、戦力と指揮官の能力があります。 西南戦争は薩摩士族と政府軍が戦い…
  5. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦は、1805年にスペインのトラファルガー岬沖で行われた海戦です。 この当時…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る