一騎討ち〜弱者の五大戦略|ランチェスター戦略

ランチェスター戦略・ランチェスターの法則

一騎討ち〜弱者の五大戦略|ランチェスター戦略

一騎打ち〜ランチェスター戦略

ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされるのが「一騎打ち」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ランチェスター戦略の一騎討ちとは、大軍を率いる側と少数の兵しか持たない側が戦う際は、総力戦を繰り広げるのではなく、大軍を持っていても少数しか戦場に投入できないような状況を、弱者の側が作り出すことを指しています。

この一騎打ちの戦略自体は珍しいものではなく、ランチェスター戦略という言葉が日本に入ってくるよりも昔のころ、近江商人が「店を開く時は同業他社が一店ある場所を選ぶと良い」としていました。

この近江商人の考え方は同業他社がやっていけているということは少なくとも全く見込みが無い土地ではない、そしてその同業他社だけが相手になるのなら商売敵も少ないということに経験則で着目していたわけです。

スポンサーリンク

話をランチェスター戦略に戻しましょう。

まず、このランチェスター戦略における一騎打ちの考え方が現代においてどのように活用できるのかについてですが、これは先ほどの近江商人の考え方だけではなく、具体例としては新規参入者が大手一社が独占しているような分野・地域に参入する、顧客の新規開拓の際には別の事業者が囲い込んでいる顧客を奪うといったことが挙げられます。

前者の大手一社が独占しているような分野・地域に参入するということは先ほどの近江商人と同じく事業として成り立つ保証があり、かつ商品やサービスの差別化もその先にいた事業者と変えれば良いだけですから何十社とある他社と戦うのに比べれば差別化も容易です。

次に後者の他者が囲い込んでいる顧客を奪うというのも差別化に関連しており、たった一つの他社が囲い込んでいるということはその顧客に少なからず共通する不満があるはずです。であればその共通する不満を解消できるような差別化を行えば顧客を奪い取ることが出来る可能性が高くなります。

ビジネスにおける弱者は強者のように何十種類もの商品やサービスを展開することができない以上、一点特化によってまず風穴を開けることが重要なわけです。

ただしこの一騎打ちにも弱点と呼べるような点はあり、それが必然的に大手との対立構造をより強いものにするということを考慮すべきです。

例えば先ほど述べた近江商人の例ですが、これは相手がそれ以上の攻勢をかけてこないことが成功の前提にあります。もし、仮に対立構造が強くなって大手業者(強者)が本気で新規事業者(弱者)を潰しに来た場合、対策を練らない限り大手に負ける可能性が高くなります。

ですので一騎打ちを仕掛ける際には自社のことだけではなく、競合相手のこともよく分析した上で、マーケットを選定する必要があるでしょう。

ランチェスター弱者の五大戦略を学ぼう・・・

次は「ランチェスター弱者の五大戦略 一覧」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  4. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  5. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  5. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
ページ上部へ戻る