井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因

井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因

井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月に韓信率いる劉邦軍と陳余率いる趙軍が現在の河北省の井陘で戦った戦いです。

井陘の戦いでの双方の兵力をみると、韓信軍は約3万で、陳余が率いる趙軍は約20万だったと言われています。

井陘の戦い(せいけいの戦い)に至る背景を少し見てみることにしましょう。

当時、漢の将軍だった韓信は、河北一帯の攻略を劉邦に命じられます。このとき、韓信軍は征伐途上で兵士を集めていきましたが、守る趙軍は20万の大軍で立ちふさがります。また、趙軍を率いる趙王と重臣陳余は、斉の田氏との連携を模索していたとも言われていて、韓信率いる漢軍からすれば、早めに決着を付けなければ斉との挟撃すなわち挟み撃ちの危険性もあった状態にありました。

河北の趙の領地に侵攻するためには、韓信軍は隘路である井陘(せいけい)を突破しなければいけません。韓信は、井陘で手こずると斉軍と趙軍による挟撃の危険性が高まると判断し、短期決戦を選択します。

そのためには趙軍を戦いにおびき出す必要がありました。そこで韓信は策を立て、背後に川がある地域に陣を敷きました。背後に川がある場所に陣を構えることが当時としてはあるまじき兵法でした。このことは趙軍の陳余も知っていましたので、趙軍は大軍を生かして城に立てこもらずに全軍を挙げて打って出る選択をします。

こうして井陘の戦い(せいけいの戦い)は始まりました。

趙軍と漢軍は激闘しますが、時間とともに10倍近く兵力が上回る趙軍が優位になっていきます。ところが、押し込まれた韓信軍は背後が川があるのでそれ以上は逃げられません。川を背に韓信軍は死にものぐるいで戦います。そして、攻める趙軍は戦いに疲れて一旦居城へと戻ろうとしました。

すると、韓信軍の別働隊により、すでに居城は制圧され、趙王も捕らえられてしまっていたのです。これに動揺した趙軍は、後背を井陘を突破した韓信率いる漢軍に攻められて総崩れになります。趙軍の指揮官であった陳余は捕らえられて殺され、ここに趙は漢に帰属するに至りました。

スポンサーリンク

一歩も引けない状態に自らを置き、退路を絶って戦うことを「背水の陣」と言いますが、背水の陣は、この井陘の戦いからとられた故事熟語です。

韓信軍の勝因は、第一に敵の全軍を自らが設定した戦場におびき出したこと、第二に敵から大きく劣る兵力にもかかわらず、手薄となった趙王の居城を別働隊で制圧したこと、などが挙げられます。

そして何より、趙軍の内情を含めて把握し、圧倒的に不利な兵力にもかかわらず、勝てる策を構築した韓信の情報収集能力が最大の勝因となったのかもしれません。

一方、趙軍の敗因は、漢の韓信が別働隊で城を急襲することを察知出来ず居城を奪われてしまったこと、また「背水の陣」は通常であれば指揮官としてとってはならない陣であるにも関わらず、その陣をとったことを侮ったこと、などが挙げられるでしょう。

趙軍としては、井陘の隘路をしっかりと守り、城の防備を固めて、斉軍などの援軍を待つべきだっただろうと言えます。さらに井陘で持久戦に持ち込めば、項羽や劉邦の戦いがより膠着化し、韓信が趙に力を割けなくなる可能性が高かったでしょう。

実は、この策を進言した人が趙にもいたのですが、韓信軍の兵力と「背水の陣」を甘く見た趙軍の陳余によってこの策は退けられてしまいました。「人の忠言は耳に逆らう」と言いますが、この忠告に耳を傾けなかった陳余や趙王にも、大きな責任があったと言えるでしょう。

この井陘の戦い以後、韓信はさらに斉の田氏を降し、この戦いは漢の劉邦が天下統一する大きなターニングポイントになったのです。

日本・世界の主要な戦いの勝因・敗因がここに・・・

次は「戦いの勝因・敗因一覧」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最も単純な戦闘を指すものとなってい…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です。 弱者ならばランチェスター…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いていることでしょう。しかし思いだけで…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後期の戦いです。 第二次長州征伐…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦いとは、南北戦争における事実上の決戦となった戦いのことです。 この戦いは18…
  3. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長政、朝倉景健の連合軍に勝利し、…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国陸軍(24万人)・ロシア帝国軍…
  5. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦いにおける東軍の勝因とは、基本的には前哨戦の部分を含めて考えることで、理解しやすいでしょう…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る