健康経営と健康宣言

健康経営と健康宣言

健康経営とは?

すべての従業員が心身共に健康に働くことができてこそ、企業そのものも活性化して業績及びイメージアップにもつなげていけることから、企業側が従業員の健康に配慮し、それを企業戦略の一つとして行っていくのが「健康経営」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

健康経営と健康宣言

近年、この「健康経営」への具体的な取り組みが大企業を中心に活発化していますが、その実施にあたって、全国健康保険協会の各都道府県支部などに、企業全体で従業員の健康づくりに取り組むということを明言し、参加表明することを「健康宣言」と呼んでいます。

実質的に「宣言」をして参加表明するには、全国健康保険協会の各自治体支部サイトなどで用意されているチェックシートに記入していくことで職場の健康課題を把握して、それを元に健康づくりの取り組みのためのメニューを決め、健康宣言を行います。

自治体によって多少の違いが見られますが、健康宣言を行った企業には、各種のサポートや、一定の取組みを行った企業に対して、認定や表彰を行うことも企画されています。「健康経営優良法人認定制度」という制度を設けて、一定の成果を上げた企業には「健康優良企業」として認定するといった仕組みを導入している健康保険組合もあります。健康優良企業として認定を受けることで、企業の側は、企業イメージを大幅にアップさせることができ、求人広告などにおいて、積極的に健康優良企業としてアピールすることが可能となります。

スポンサーリンク

健康経営・健康宣言と就活世代

従業員の健康への配慮を欠くどころか、過労死や過労自殺に追いやるまで働かせるブラック企業の恐ろしさが報道されるようになり、今後就職活動を行う若い世代は、自分の未来の勤め先がブラック企業かホワイト企業かを必死で見極めようと、インターネット検索などを駆使してとことん調べます。

今は、企業名を検索ワード欄に入れるだけでブラック企業かどうか結果を表示するサイトや、各企業で実際に働いている人もしくはかつての従業員が職場の雰囲気などを詳細に記載する口コミサイトなどもありますが、企業の側にしてみれば、そういったサイトで少しでもブラック企業の要素があると判断されるような情報が掲載されてしまった場合、その時点で、将来有望な就職希望者が、その企業への就職は全く考えないことになります。

一人がそっぽを向く結果ならまだしも、今はそういった情報をSNSで共有することが当たり前だけに、たとえ不確かな情報であっても「この企業はブラックらしい」といった口コミが瞬く間に広がり、多くの就職活動をする学生に「ブラック認定」されてしまう事態に陥ります。

健康優良企業のような認定制度がある自治体であれば、その認定を受けておくだけで「健康に配慮された職場環境で、快適に働くことができる企業」というイメージが高まり、ブラック企業と呼ばれるリスクを回避することができます。

学生時代から、いじめによる自殺などの報道に心を痛めている現代の若い世代は、ブラック企業での過重労働やパワハラによる過労や精神障害などを非常に恐れています。過酷な勤務での高収入獲得よりは、賃金は平均的でも、毎日心地よく働ける職場のほうを選ぶ傾向が、以前にも増して強まっています。

健康経営に積極的に取り組み、従業員が健康に働ける職場環境を整えている企業という評判は、少子高齢化の加速によって、今後企業間で取り合いになると考えられる有望な若手社員を獲得しやすくなると言えます。

健康経営・健康宣言と高齢化

今後高齢化が進み、加齢によって作業効率が落ちてしまうことが懸念されるシニア世代にとっても、健康経営の重要性は高まっています。企業にとっては、長年スキルを磨き、無くてはならない存在になっているベテラン従業員に少しでも長く、若い時と変わらないような健康で生き生きとした働き方をしてもらうことで、業績の低下を防ぐことができます。

直接の経営面だけでなく、病気のリスクが高まるシニア世代の医療費が増えることで懸念される、健康保険組合の業績悪化という事態への対処も可能となります。年齢にかかわらず、従業員がひとたび重大な病気に罹ってしまうと、通院によって欠勤や早退が避けられなくなり、入院してしまうと長期休暇ということになります。企業にとっては、それだけで大きな損失です。

従業員全体の健康維持と向上に努めることは、企業そのものが健全な経営状態を維持し、高めていくために直接かかわってくる重要な使命とも考えられます。

健康経営・健康宣言のメリット

健康経営に着手し、それを健康宣言によって世の中に表明することによって、健康に最大限配慮されている働きやすい職場という良いイメージが高まり、さらにその評判が広まることで、将来有望な若手が就職を希望し、ベテラン従業員はいつまでも働きたい職場として愛着を深めてくれるようになります。

そして「従業員を大切にする企業」というイメージは、製品ユーザーや顧客にとっても好ましい印象を深め、企業ブランドそのものを高めることにもつながっていきます。

このように健康宣言をして、積極的に健康経営を行っていくことで得られるメリットは、直接的にも間接的にも数多くあると言えるでしょう。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  3. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  4. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  5. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
ページ上部へ戻る