兵は多きを益とするに非ざるなり|孫子の兵法

孫子の兵法

兵は多きを益とするに非ざるなり|孫子の兵法

兵は多きを益とするに非ざるなり

「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その中から、今回は孫子にある「兵は多きを益とするに非ざるなり」という言葉を見てみることにしましょう。

兵は多きを益とするに非ざるなり。
惟武進する無かれ。
以て力を併せ敵を料るに足りて、人を取るのみ。

が「兵は多きを益とするに非ざるなり」のくだりですが、現代語訳にすると、

スポンサーリンク
兵の数が多ければよいというものではない。猛進することを避け、戦力を集中し、敵情の把握に努めてこそ、勝利を収めることができるのである。

という意味になります。

数年前から中小企業での人手不足が顕著になってきました。少子高齢化が進む中で、20代〜40代の人材を中心に大企業に流れている状況で、知名度や安定感に乏しい中小企業は恒常的に人手不足に直面しています。

今後はまだまだ状況は悪化していくと思われますので、従来のように人手を増やすことで事業規模を拡大する経営手法が簡単には通用しなくなっていくでしょう。

今後の新興企業は、企業としての成長性を打ち出したり、ニッチな市場での知名度を高めるなど、大企業に負けないバリューにより人材を確保したり、インターネット集客の活用や業務の外注など人手に頼らない経営を目指していく必要があります。

幸いにもインターネットやAI(人工知能)などの科学技術の発達によって、人手に頼らない経営も可能になってきました。スモールビジネスという言葉がありますが、人を雇うことによる雇用リスクが顕在化してきている中、「兵は多きを益とするに非ざるなり」と考え、経営者自身も技術やノウハウを持ち、少人数(場合によっては一人)で事業を運営していくべきなのかもしれません。

孫子の兵法から勝ち方を学ぼう・・・

次は「孫子の兵法 一覧」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  2. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  3. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  4. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る