副業選びのポイントは?

副業選びのポイントは?

副業選びのポイント

これから副業を始めようと思っても、どんな副業をしたらいいのか、わからない方がほとんどだと思います。

ビットコイン、サビアン(saivian)、FX、バイナリーオプション、メルカリなどの“せどり” など数多くの副業がありますが、今回は、副業選びのポイントについて考えてみたいと思います。

副業選びのポイント1

副業選びのポイントその1は、「自分一人でできる」ということです。副業をする際、自分一人で完結することは非常に重要です。

例えば、物を仕入れて販売する仕事を副業にするなら、仕入れる時や販売する時に他人が介在しますが、他人が介在するということは、他人と調整毎が発生し、自分の都合や自分のペースで副業ができないということです。

副業はあくまで副業であって本業ではありませんので、できるだけ手間が掛からないものを選ぶべきです。自分の都合や自分のペースでできる副業を選ぶようにしましょう。

副業選びのポイント2

副業選びのポイントその2は、「空いた時間にいつでもできる」ということです。

副業は「自分の空いた時間をマネタイズすること」です。相手の時間に合わせた副業では非効率ですし、本業に影響する可能性も出てきます。毎日定刻に時間が空くといったことはほぼありませんので、決まった時間にやらなければならない仕事は副業に不適です。

早朝・深夜問わず、自分の空いた時間を有効活用できる副業を選ぶようにしましょう。

副業選びのポイント3

副業選びのポイントその3は、「お客さんが存在しない」ということです。

お客様商売では、必ず顧客対応が必要になります。つまり、お客様の都合に合わせて副業することになります。また、対応が遅くて商機を逸してしまう場合もあるでしょうし、クレームなどの緊急の対応が発生すると本業に影響してしまうこともあります。

副業のクレームで訴えられるという笑えない話もありますので、お客様相手のビジネスを副業にするのは避けた方が良いでしょう。

副業選びのポイント4

副業選びのポイントその4は、「特殊な技能や道具を必要としない」ということです。

副業の中には、仕事を始めるにあたって技能の習得や道具が必要なものがあります。たいていの場合、技能習得や道具自体に先行投資が必要で、そういった技能や道具の販売手法として副業の勧誘がなされていることもあります。

副業をして稼ぐはずだったのが、いつの間にかお金を支払う側に回ってしまわないよう、副業を選ぶ際は、特殊な技能や道具を必要としないものを選びましょう。

副業選びのポイント5

副業選びのポイントその5は、「他人のプラットフォームを使わない」ということです。

ある特定の会社のルールや仕組み上で行う、いわゆるプラットフォームに乗っかった副業があります。例えば、ビットコイン・サビアン(saivian)・メルカリなどを使った副業はそれに該当します。

こういったプラットフォーム上の副業は、プラットフォーム自体の隆盛や衰退に大きく影響を受けます。せっかく軌道に乗ってきたとしても、運営会社の不祥事やルール・仕組みの欠陥などでプラットフォーム自体が崩壊してしまうことも多く、リスクが高い副業と言えます。

副業選びのポイント6

副業選びのポイントその6は、「ストック型のビジネスである」ということです。

副業で成功するために重要なのは、小さなことをコツコツと積み重ねていき、2年3年経つうちに次第に大きなビジネスに育っていくことです。

一過性のビジネス(フロービジネス)では、一つの仕事が終われば次はまたゼロからの出発ですが、継続的な利益を生む「ストックビジネス」では、努力の積み重ねで将来的な売上を増やしていくことができます。

【参考記事:ストックビジネスとは?

将来に向けての安定性という観点では、副業するなら「ストックビジネス」が良いと言えるでしょう。

以上の6つのポイントから副業選びをすると、失敗のないビジネスを選ぶことができると思います。最初から大きな金額を稼ぐという考え方ではなく、最初は少額でも2〜3年掛けながら稼げる金額を増やしていくことが成功のコツです。

「継続は力なり」

の気持ちを持ってやっていけば、必ず成功できるでしょう。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  2. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  5. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  5. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
ページ上部へ戻る