加計文書の真相〜牧野美穂 課長補佐の個人的メモ?

加計文書の真相〜牧野美穂 課長補佐の個人的メモ?

文科省の加計文書 再調査結果

加計学園の獣医学部新設について、民進党は、文部科学省の職員が書いたとされる文書に基づき安倍首相の関与を追求していましたが、その追求に使われた19の文書・メールについて、文部科学省は再調査結果を発表しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その内容を今回はまとめてみたいと思います。

ほぼ同じ内容のもの:11件

見出し下線など形状・構成は民進党が出したものと一部異なるが、内容的には概ね酷似している文書が、専用の共有フォルダ以外のフォルダ及び担当の課長補佐(高等教育局専門教育課の牧野美穂 課長補佐と思われます)の個人フォルダ内にありました。

同種のものが存在するが、作り直しされている:3件

3つの文書と同じものはありませんでしたが、3つの文書の内容や同趣旨の記述を含む1枚のまとまった文書は担当課課長補佐(牧野美穂 課長補佐?)の個人フォルダ内にありました。

スポンサーリンク

存在が確認できないもの:2件

2つの文書は調査・ヒアリングを行いましたが、存在が確認できませんでした。

公表できないもの:3件

法人の利益に関わるもので慎重な対応が必要なため、現在のところ存否を含め明らかにできない文書が3件ありました。

文書等については、内容的に見て課長補佐以上が作る文書であることから、担当課長補佐(牧野美穂 課長補佐?)が作成したものと思われます。

実際、文部科学省による再調査結果でも、担当課長補佐(牧野美穂 課長補佐?)は自分が作った個人的なメモだと認めているとのことです。

牧野美穂氏と思われる担当課長補佐が最初のヒアリングで文書の存在について報告しなかった理由としては、

  • 類似の文書を作成した記憶はあるが、明らかに自分が作成していない文書があった
  • 通常用いない様式の文書があった

ため「見た記憶がない」と最初のヒアリングで回答したとのことでした。

この件では「文科省から情報を流出させたのは誰なのか?」「文書は文科省としての認識をまとめたものなのか?」というところに注目していましたので、その観点からまとめてみることにします。

情報の流出元は誰?

課長補佐しか知り得ない文書が流出しているということで、情報の流出元は、高等教育局専門教育課の牧野美穂 課長補佐で間違いなさそうです。ただ、今回、文書は誰かが手を入れていることがわかりましたので、誰が文書に手を入れたかについては気になるところです。

考えられる可能性としては「文書を作った課長補佐」「存在について雄弁に語っていた前川喜平 前事務次官」「最初に文書の存在を指摘した朝日新聞・民進党の玉木議員」の3者ですが、文書を作り直したのは一体誰なのでしょうか?

文書は文科省としての認識をまとめたものなのか?

文書を作ったのは牧野美穂氏と思われる担当課長補佐で、本人が自分の個人的なメモと認めていますので、文科省としての認識ではないということがわかりました。

課長補佐自身が積極的に個人的なメモを流出させたのか、課長補佐が誰かに渡したメモが勝手に一人歩きをしたのかはわかりませんが、どちらにせよ文科省の一課長補佐の個人的なメモを民進党などの野党やマスコミは取り上げ、加計学園の獣医学部新設に絡めて安倍首相に追求を行なっていたことになります。

「大山鳴動して鼠一匹」という諺がありますが、官僚の個人のメモに2ヶ月間も国会や報道が振り回されることになりました。野党やマスコミは、願望ありきではなく、しっかり裏取りをした上で追求するようにしてもらいたいものです。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  3. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  5. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  4. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る