故事成語

危急存亡の秋

危急存亡の秋(ききゅうそんぼうのとき)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

危急存亡の秋(ききゅうそんぼうのとき)

という中国の有名な軍師 諸葛孔明が書いた「出師の表」が出典の故事成語です。

「危急存亡の秋(ききゅうそんぼうのとき)」とは

「危急存亡の秋(ききゅうそんぼうのとき)」とは、
「危機が迫って、生死の瀬戸際にあること」を指します。

では、出典となった諸葛孔明の「出師の表」の一節を見てみましょう。「出師の表」とは、宿敵である魏の討伐に出発するにあたり、蜀の丞相であった諸葛孔明が皇帝 劉禅に奏上した文章のことです。

先帝、創業未だ半ばならずして、中道に崩殂せり。
今、天下三分して、益州疲弊す。
此れ誠に危急存亡の秋なり。

然れども侍衛の臣、内に懈らず、
忠志の士、身を外に亡るる者は、
蓋し先帝の遇を追いて、之を陛下に報いたてまつらんと欲すればなり。

誠に宜しく聖聴を開張して、以て先帝の遺徳を光にし、志士の気を恢にしたもうべし 。
宜しく妄りに自ら菲薄し、喩えを引き義を失いて、以て忠諫の路を塞ぎたもうべからざるなり。

とあり、現代文に訳すなら、

先帝は、漢王朝復興の志半ばで崩御なさいました。今天下は魏・呉・蜀の三つに分かれ、わが蜀の地である益州は疲弊しております。これは、差し迫った危機であり、存続するか亡びるかの瀬戸際にあるといえます。

そんな状況でも、陛下の御側にお仕えする臣下は宮中の仕事を疎かにせず、忠義心をもった者たちがわが身を忘れてお仕えしておりますのは、思うに、先帝に感謝し、その恩義を陛下に報いようとしているからでございましょう。

むやみに自らを無価値なものと卑下したり、自分に都合のいい例え話で言い訳をするなど、臣下が忠心から陛下に進言する道を塞いではなりません。

といった感じになります。

「出師の表」からは、悲壮な覚悟で魏との戦いに臨む諸葛孔明の姿が見てとれますが、孔明の心の内を最もよく表した言葉が「危急存亡の秋」という文字であったといえるでしょう。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  2. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る