収支計算と事業プランが欠けると失敗する

起業

収支計算と事業プランが欠けると失敗するマーケターという職業柄、様々な相談をいただきます。今回は、そういった相談の中で感じたことの一つとして、「収支計算と事業プランの重要性」について書いてみようと思います。

ある時、海外の有名アーチストの日本での展覧会について全権を委ねられたという方からの相談を受けました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

話を伺うと、一枚の文書を見せてくれました。英語で書かれた文書を見ると、確かに「全てを任せる」と書いてあります。

さらに話を聞くと、いかにその文書が凄いかについて滔々と述べられていました。そして、最後に「大手広告代理店でも乗ってくる話だと思うので、どのように事業を進めていけば良いのかアドバイスが欲しい」とのことでした。

私の方から「どのような作品を日本に持ってこれるのですか?」と聞いたところ、「まだ話はしていないが、有名な作品でも持ってこれると思う」と返事がありました。続いて、現時点で持っているプランについて聞いたところ、「自分が知っている博物館で最初は展示し、その後、各地の美術館や博物館へ展示していくプランを持っている。“引く手あまた”だから金額面での問題はないだろう。御社にもお金を落とすので力を貸して欲しい」とのことでした。

スポンサーリンク

そして、具体的に急いで進めていきたいので「大手広告代理店の責任者を紹介して欲しい」と言われましたが、それまでの話を踏まえて、お断りをすることにしました。

確かに有名アーティストと交渉して、全権を委任されたことは凄いことだと思います。しかし、その時点では、単なる紙切れが1枚あるだけです。そして、その紙切れ1枚と本人の希望的観測の“プラン”だけで事業化していくことは難しいと判断させていただきました。

大きな話であればあるほど、総論はOKでも、細かい話になってくると双方が折り合わないことは往々にしてあります。今回の場合だと、持ってこれる作品で揉めたり、金額面で折り合う美術館や博物館も多いでしょう。

大きな話=関係者が多い、ということですから、その多い関係者の利害を調整し、いずれも利益が出るようにしていくことは至難の技だと思います。収支が成り立つかどうかわからない案件を大手広告代理店へ投げても引き受けはしません。

当初から収支計算とプランが欠けた事業で上手くいった例を私は知りません。

今回の場合であれば「どういった作品を日本に持ってこれるのか(人を呼べる有名な作品があるのか)」「アーティストの側はいくら位で作品を貸し出そうとしているのか」「大きな美術館や博物館はいくら位の金額だったら引き受けるのか」といった最低限の情報は必要ですし、それに基づいた大まかな事業プランニングも必要です。

その上で、相談に来られていたら良かったのですが・・・。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  2. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  3. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  5. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  2. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る