合従連衡(がっしょうれんこう)

故事成語

合従連衡(がっしょうれんこう)

合従連衡(がっしょうれんこう)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「合従連衡(がっしょうれんこう)」

という中国の戦国時代の外交戦略が転じて使われるようになった故事成語です。

スポンサーリンク

「合従連衡(がっしょうれんこう)」とは

「合従連衡(がっしょうれんこう)」とは、
状況に応じて結んだり離れたりすること」を指します。

「合従連衡」の「合従」とは、中国 戦国時代の思想家である蘇秦が唱えた外交戦略で、強大となった西方の秦に対抗するために東方に位置する他の六国(韓・魏・趙・燕・楚・斉)が同盟して対抗したものです。また「連衡」とは、張儀が秦の側から唱えた外交戦略で、各国と個別に同盟して服従させようとしたものになります。

一時期は「合従」策により秦の勢力を抑えることに成功しましたが、次第に「連衡」策の方が「合従」策を上回るようになり、六国は各個撃破されて秦が中国を統一することになります。

「合従連衡」をビジネスにおいて考えるなら、「合従連衡」の内、「合従」は中小企業にとって必要な考え方だと言えるでしょう。

「合従」により、中小企業同士が長所を持ち寄って大企業に対抗することもできますし、社内の一人一人が一致団結してベクトルを合わせることで企業力を高めることもできます。

ヒトモノカネというリソースに劣る中小企業が今後生き残っていくためには、一見すると弱そうに見えるものを結集して、より大きな力を発揮させることが重要になってくるのではないでしょうか。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  2. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  3. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  4. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  5. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  5. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る