大和証券がネット炎上!?〜検索結果が…

大和証券がネット炎上!?〜検索結果が…企業にとってネット炎上は怖いものです。適切に対応をしない、あるいは対応するタイミングを間違うと、インターネット上のあちこちに“炎上”の痕跡が残ってしまいます。

これまでもこのサイトで何度も取り上げてきましたが、一旦ネット炎上すると、SNSや掲示板、ブログに書かれた内容が次々と転載され、記事としてまとめられることで、まさに炎上が炎上を呼ぶ、といった事態を引き起こしてしまいます。

実は、最近、SNSと大手掲示板で「大和証券の管理職が反社会的勢力を自称している」のではないか、という内容の投稿が実名入りでなされました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大和証券は金融機関ですので、反社会的勢力には特に敏感なはずです。現段階で真偽のほどは不明ですが、内容が本当だとしたら大和証券を揺るがしかねない大変な事態になります。こういったネットの書き込みがあったにもかかわらず、大和証券側の反応はなく、現時点で黙殺の構えを見せているようです。

今回の大和証券の例に限らず、企業の多くは、ネットの書き込みなど取るに足らぬことと考えているように思えます。無視を決め込んで、放置していると自然に消えていくと思うかもしれません。しかし、ネットの書き込みに対して、無反応だったり、証拠隠滅を図ったりした場合、ネット炎上する危険性が非常に高くなります。

実際、今回の大和証券の事案でも、社名でネット検索を行った時、1ページ目に以下のような情報が表示される事態になってしまいました。

大和証券 検索結果

確かにネットの書き込みの全てに対して過敏な反応をするのも如何なものかと思いますが、事案の重要度によっては、真偽の確認を行ってその結果を開示していく姿勢は必要です。

ネットの書き込みは取るに足らないとして対応を誤ってしまうと、検索結果にネガティブな情報が並んでしまうことにもなりかねません。一度ネット上で“ネガティブ”な会社とレッテルを貼られてしまうと、そのレッテルを覆すことは非常に難しいのが現状です。将来に禍根を残さないためにも適切な対応をしていくことが重要です。

 

次は「大和証券ダイレクト企画部長がツイッターで更迭!?」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  2. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  3. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  4. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  5. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  5. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
ページ上部へ戻る