奇貨可居(きかかきょ)

故事成語

奇貨可居(きかかきょ)

奇貨可居(きかかきょ)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

奇貨可居(きかかきょ)

という中国の古書「史記」が出典の故事成語です。

スポンサーリンク

「奇貨可居(きかかきょ)」とは

「奇貨可居(きかかきょ)」とは、
絶好の好機はうまく利用すべきである」という意味です。

ちなみに出典となった「史記」の一節を見てみると、

子楚は秦の諸庶孽孫にして、諸侯に質たり。車乗進用ゆたかならず、居処困しみ、意を得ず。呂不韋、邯鄲に賈し、見て之を憐れんで曰わく、此の奇貨居く可し、と。

となりますが、現代文に訳すなら、

子楚は秦王の孫であったが、妾の子であったため、諸侯に人質として差し出されていた。馬車や日々の生活費にも事欠く状態で、不便な生活を送っていた。呂不韋は趙の都 邯鄲に商売をしに行ったが、子楚を見て憐れんで「これは掘り出し物で、手元におくべきだ」と言った。

といった感じになります。

ちなみにその後、子楚は呂不韋にバックアップにより、秦の荘襄王(始皇帝の父親)となり、呂不韋はその功により丞相となり、権勢をふるいました。

ビジネスにおいて「奇貨可居」という言葉を考えるなら「チャンスにどう巡り合うか?」ということになるかもしれません。ビジネスを長年やっていると、時折、大きなチャンスが訪れます。しかし、ほとんどの場合、チャンスとして認識できず、チャンスが通り過ぎてしまってから気付くことになります。

チャンスをチャンスとして認識できるためには、常にビジネスに対して真剣に向き合っていなければなりません。チャンスは、日頃からチャンスを求めている人にもたらされるものであって、ただ待っているだけで自動的に得られるものではないということは認識しておかなければなりません。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…
  2. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  3. マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  5. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  2. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る