定礎とは?

定礎とは

大きなビルなどの入り口や敷地の一角に「定礎(ていそ)」と書いた石などを見たことがある人は多いと思います。しかし、この意味などについて知っている人はあまり多くはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

では、定礎とはどういうものなのでしょうか、また、あの定礎と書いてる石にはどんな意味があるのでしょうか?今回は、この「定礎」について見てみることにしましょう。

「定礎」とは昔、家などの建築物を建てる際には最初に柱を立てた時の名残です。柱は地面にそのまま立ててしまうと中に入り込んで上にある部分が短くなったり、虫や動物が食べてしまったり腐らせたりしてしまう危険があったので、最初の柱を立てる時にはその下に石を敷いていました。この石を「礎石」と呼び、「礎石」を置くことを建物の建て始めとして「定礎」と呼ぶのです。

礎石を据えることは建物を建てる最初の工程で、記念となりますし、始まりを告げる印でもあります。建築工事を通して、事故がなく、またできた建築物が立派で優れたものとなるようになどの願いを込めて、ビルなどの建築に際しては、多くの場合、「定礎式」というものが行われています。

スポンサーリンク

建物を建てる前に、神主さんがお祓いして、偉い人たちがクワなどをもって砂山を崩すような儀式を行っている場面をニュースなどで見たこともある人も多いと思いますが、まさしくあの儀式が「定礎式」です。

では、あの「定礎」と書いてある石盤みたいなものは何の意味があるのでしょうか。次に、あの定礎と書いてある石について見てみましょう。

ビルなどの大きな建築物を建てる際、今では丈夫な地盤まで杭を打ち、しっかりと固定して建物を支えます。したがって、現代のビル建築において礎石を置くことはありません。しかし、建築において安全などを祈念することは今も昔も変わらず行われています。最近では、定礎式の意味合いも変化しており、建物が完成したときやある程度工事が進んだ時点で、残りの工事も安全に行われるようにと行われるようになってきています。

定礎と書かれた石は、昔と違って構造上の意味合いはなくなってしまいましたが、現在では、通常、定礎と書いている石の部分に定礎箱という箱も一緒に入れられています。定礎箱の中には、建築の際の設計図や定礎式を行ったときの新聞、雑誌や関係した人たちの名簿などが納められていて、その建物を建てたときの世の中などの状況がわかるタイムカプセルのようなものになっています。

ただタイムカプセルとは異なり、定礎は建物と一体になっている為、その建物が壊される時まで定礎箱の中身は見ることはできません。ビルオーナーの思い出が「定礎」には込められていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  2. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  3. マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  4. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  4. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る