富岡八幡宮 宮司殺害事件で思う事

富岡八幡宮 宮司殺害事件で思う事

富岡八幡宮 宮司殺害事件

東京 江東区で富岡八幡宮の宮司 富岡長子さん(58)が実弟の富岡茂永氏(56)に日本刀で殺害されるという事件がありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当初は、通り魔事件かと伝えられましたが、実際は富岡八幡宮の後継ぎを巡る骨肉の争いだったようです。

富岡八幡宮の骨肉の争い

富岡八幡宮の宮司 富岡長子さんを殺害した弟の富岡茂永氏は、実は先先代の富岡八幡宮の宮司でした。

富岡八幡宮の宮司だった当時、茂永氏は “乱脈経営” によって宮司を解任され、父親で元宮司だった富岡興永氏が再び宮司に就いたという経緯があったそうです。そして茂永氏は、富岡八幡宮の解任の際、父の興永氏から勘当を言い渡されています。

スポンサーリンク

この仕打ちを茂永氏は恨みに思っていたようで、裁判を起こしたり、怪文書を配ったりして、さらには長子さんらを脅迫したことで逮捕されたという話もあります。

そして、父親で宮司の興永氏が亡くなった後、長子さんが宮司の代わりを務めていましたが、弟の茂永氏とその親族との間でトラブルが絶えませんでした。

富岡八幡宮 宮司殺害事件で思う事

富岡八幡宮の宮司職もそうですが、世襲制というのは、必ずしも優れた人が跡を継がないということでもあります。

世襲制をとっている企業を見ていると、ロッテでの「父親・長男 vs. 次男」、大塚家具での「父親・長男 vs. 長女」のように激しい骨肉の争いとなっている例が後を絶ちません。

社員を雇っていたり、上場している以上、企業は私物ではありません。それを肝に命じて経営者は後継者を育て、後継者は前経営者の思いに応え、社会の為に企業経営を行なって行くべきだと思います。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  3. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  4. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  5. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る