小林麻央さん死去報道〜空気が読めないマスコミ

小林麻央さん死去報道〜空気が読めないマスコミ

小林麻央さん死去とマスコミの報道姿勢

今回は、小林麻央さんの死去を報じたマスコミの報道姿勢について思うところがあったので書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

乳がんで闘病中だったフリーアナウンサーの小林麻央さんが6月22日夜亡くなりました。享年34歳でした。

まずは、心よりご冥福をお祈り致します。

小林麻央さんの死から一夜明け、自宅周辺はマスコミが数十人集まり、大変なことになっていたようです。そして、その状況を見かねた夫の市川海老蔵さんは、ブログに家族の不幸を思わせる書き込みを行い、23日の午後から記者会見を開く発表を行っていました。

スポンサーリンク

しかし、その記者会見を待たずして、スポーツ紙が小林麻央さんの死を報道し、なしくずし的に各マスコミの報道が始まってしまいました。

私自身、たまたまこの過程をリアルタイムに眺めていたのですが、家族からの発表前に我先にと公表したマスコミの報道姿勢にはあらためて怒りを覚えた次第です。

人にとって生と死は一度しかありません。そして、その生と死は一緒に時間を過ごしてきた家族にこそ伝える権利があります。

今回の件については、夫である市川海老蔵さんがすでに記者会見を開くことが明らかになっていたわけですから、家族である市川海老蔵さんの口から小林麻央さんの死を伝えてもらいたかったと心から思います。

空気が読めず人の気持ちを慮る(おもんばかる)ことができない今のマスコミは、報道機関としての倫理も感じられません。マスコミ各社は「報道の自由」という権力を持っている自覚を持ち、自らを律することができなければ、近い将来、マスコミというビジネスは破綻することになると思います。

伝えなければいけないことは伝えず、伝えなくても良いことを伝える、そして空気が読めない、ということであれば、今のマスコミは存在意義がないと言われても仕方ないでしょう。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  2. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  3. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  2. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  5. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
ページ上部へ戻る