山尾志桜里氏と民進党のスキャンダル対応に学ぶ

山尾志桜里氏と民進党のスキャンダル対応に学ぶ週刊新潮に「政治とカネ」のスキャンダルをスクープされた民進党の政調会長 山尾志桜里氏が、事件発覚後一週間経ってようやく釈明・謝罪会見を開きました。

【関連記事:今度は山尾志桜里氏に不倫スキャンダル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私は経営者の端くれですので、今回の一件は、
山尾志桜里議員について「会社に例えるなら会社自体のスキャンダル」
民進党について「会社に例えるなら社員や幹部のスキャンダル」
といった2つの側面で個人的に注目していました。

スキャンダルの対応としては「素早く謝罪会見を開く」ことが最も重要ですが、事件発覚後一週間も掛かってしまいました。
一般的に謝罪会見では、

  • まず謝罪する
  • 真相を嘘なく正直に伝える
  • 責任がトップにあることを明言する
  • トップを含めスキャンダルに関与した人間が、世間的に妥当と思える以上の責任を取る
  • 一度の謝罪会見で上記のポイントを全て伝える

ことが非常に重要です。

スポンサーリンク

では、スキャンダル発覚から一週間のタイミングとなる4/6に行われた山尾志桜里議員の謝罪会見を見てみましょう。
謝罪会見の要点をまとめると、

  • 紹介を受けた元公設秘書が不適切な会計処理をしていた疑いが強い
  • 当該の元公設秘書からまだ話を聞けていない
  • 当該の元公設秘書に法的措置を検討している
  • 私(山尾志桜里議員)の監督が至らず申し訳なく思っている。国会議員として、政調会長として国民の期待に応えられるように精いっぱい努力していく

といった内容だったように思います。

「自分が選んだわけではない秘書が、本人からの事情を聞いていないが多分不適切な会計処理を行っていて、自分自身の監督責任はあるのでその点は謝罪するが、国会議員として民進党の政調会長として今後も頑張っていく」といった内容ですので、「政治とカネ」にまつわる謝罪会見としては 完全に落第点 と言って良いでしょう。

民進党の岡田代表は、山尾志桜里議員の謝罪会見を受けて「(政治資金問題について)相当きちんと答えた」と言ったそうです。

民進党自体も 完全に落第点 です。
スキャンダル発覚後、一日も早く謝罪会見をするよう働きかけなかったばかりか、「政治とカネ」のスキャンダルについて説明責任を果たしていない段階で山尾志桜里議員を国会質問に立たせ、与党を追求するという致命的なミスをしてしまいました。民進党にはきっと良きブレーンがいないのでしょうが、誰が見ても「人のことを言う前にあなたはどうなの?」と言いたくなります。

「人には厳しく自分に甘い」ダブルスタンダードを持つ人物や組織は政治でもビジネスでも信頼されません。だからこそ、スキャンダルが起こった場合の説明責任は非常に重要なのです。会社のスキャンダルはいつ起こるかわかりません。経営者は、今回の山尾志桜里議員と民進党のスキャンダル対応を他山の石としていくべきだと思います。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  2. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  3. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  5. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  4. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
ページ上部へ戻る