故事成語

忠臣は国を去るもその名を潔くせず

忠臣は国を去るもその名を潔くせず

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「忠臣は国を去るもその名を潔くせず」

という中国の古書「史記」が出典の故事成語です。

スポンサーリンク

「忠臣は国を去るもその名を潔くせず」とは

「忠臣は国を去るもその名を潔くせず」とは、
交際が途絶えた相手のことを悪く言ったりしないものだ」という意味で使われます。

ちなみに出典となった「史記」の一節を見てみると、

古の君子は交わり絶ゆるも悪声を出さず
忠臣は国を去るもその名を潔うせず

となりますが、現代文に訳すなら、

古の人格者は交際が途絶えた相手のことを悪く言ったりしないし、忠臣は国を離れても、自らの名声を上げるために元の主君を悪く言ったりはしない。

といった感じになります。

「忠臣は国を去るもその名を潔くせず」といえば、退職者が辞めた会社について批判的な言動を繰り返しているのを目にすることがあります。

退職者と会社の間でどんなトラブルがあったかはわかりませんが、恨みの塊のようになって訴訟を起こそうとしている方を見ると、正直、後ろ向きの人生の過ごし方だと感じたりします。

基本的に恨みや憎しみからは前向きの発想は生まれません。「君子」になれとは言うつもりはありませんが、できるなら、恨みや憎しみの感情ではなく、上手くいかなかったことを今後の人生にどう活かしていくかについて目を向けてもらいたいと思います。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  3. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  5. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  2. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
ページ上部へ戻る