北朝鮮から弾道ミサイルが発射された時に取るべき行動

接続海域とは?

接続海域とは

ニュースなどで「接続海域」という言葉を見聞きすることが増えてきましたが、接続海域とはどのようなものでしょうか?今回は、この「接続海域」について見てみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

陸地から見て「領海」や「接続水域」、「EEZ(排他的経済水域)」と海域毎に名前が異なっており、接続海域とは領海から外側の水域を指すものです。正確には、国連海洋法条約に基づくもので海岸から約22キロ(12海里)までが「領海」、そこから約44キロ(24海里)までが「接続海域」となります。ちなみに、EEZは接続水域の外側で約366キロ(200海里)までの水域を指しており、海上保安庁や水産庁がパトロール、取締りを行っているのもこの領海からEEZまでとなっています。

接続水域では原則どの国の船でも自由に航行することが認められていますが、他国の船が勝手に漁業を行うことはできません。領海同様無許可での漁業は規制対象となりますが、接続水域での規制範囲は国によって異なり船舶の検査や警告などの予防措置のみとしている国もあれば、拿捕や逮捕などの強制措置を行う国もあります。これは条約に定められている「処罰」が明確になっていないためです。

更に、接続水域内ではその国に対する侵害行為はどの国でも規制対象とはなっていません。無許可の漁業は規制できる一方で領土や領海を脅かす行為は規制できないのは矛盾していますが、これは「侵害行為」が何を指すのかが曖昧であることなどが理由とされています。

スポンサーリンク

なお、国連海洋法条約(正式名称「海洋法に関する国際連合条約」)は「海の憲法」とも呼ばれています。それまでの海洋法を国際的に統一することを目的として1982年に採択されました。

海は陸地と異なり自国の領海がどこまであるのか明確にできなかった当時は各国の主張のみとなっていましたが、国際的な基準を設けることで海洋の環境保護や科学調査、技術開発などを統一した他、紛争解決も担っています。

国連海洋法条約が日本で適用となったのは1996年でしたが、他国より適用が遅れたのは周辺諸国とEEZが近く線引きが難航したことと、国内の法律を整備する必要があったためです。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  3. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  4. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
ページ上部へ戻る