故事成語

智者も千慮に一失あり

智者も千慮に一失あり(ちしゃもせんりょにいっしつあり)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「智者も千慮に一失あり(ちしゃもせんりょにいっしつあり)」

という中国の古書「史記」が出典の故事成語です。

「智者も千慮に一失あり(ちしゃもせんりょにいっしつあり)」とは

「智者も千慮に一失あり」とは、
どんな賢者であっても、多くの考えの中には一つくらい誤りがある」という意味で使われます。

「智者も千慮に一失あり」は、「背水の陣」の言葉でも有名な「井陘の戦い(せいけいのたたかい)」で勝った韓信が、敗れた兵法家 広武君に対して「智者も千慮に必ず一失有り、愚者も千慮に必ず一得有り」と言ったことにちなんでいます。

ちなみに「智者も千慮に必ず一失有り、愚者も千慮に必ず一得有り」を現代文に訳すなら、

賢者も千に一つは失敗することがあります。そして、愚者も千に一つは成功することがあります。

といった感じでしょうか。

「智者も千慮に一失あり」と言えば、どんなに優れた人であっても、必ず失敗するものです。その意味では、失敗しない前提で動くのではなく、失敗してもその失敗をカバーできる体制や仕組みを作って置くことが重要です。

例えば「フェイルセーフ」という言葉があります。「フェイルセーフ」とは、機器やシステムで誤操作・誤動作による障害が発生した場合、常に安全となるように制御する設計のことですが、この「フェイルセーフ」機能も、機器やシステムは必ず故障するものだという前提から作られています。

物事には100%とか、確実ということはありません。信頼できる人や機器であっても、万一の時を考えたバックアップ体制を用意しておくことは、特に中小企業で求められることと言えるでしょう。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  3. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  4. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  5. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る