暗渡陳倉 〜 兵法三十六計

兵法三十六計

暗渡陳倉 〜 兵法三十六計

暗渡陳倉(あんとちんそう)〜 兵法三十六計

兵法三十六計とは、中国の三国時代以降に生まれた兵法書で、宋の名将 檀道済がまとめたと言われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そして「兵法三十六計」に書かれた故事や教訓は、単なる兵法ではなく処世術としても活用され、広く知られるようになっています。そういった意味では「兵法三十六計」を知ることで、現代の人たちにとっても人生の参考になるのではないでしょうか。

今回選んだのは、兵法三十六計の第八計

「暗渡陳倉(あんとちんそう)」

です。

スポンサーリンク

「暗渡陳倉(あんとちんそう)」とは

「暗渡陳倉」とは、
正面から攻めると見せかけ、実際は迂回して、相手が予期していない方向から不意打ちにする」計略のことです。

「暗渡陳倉」の話

中国において秦が滅亡して一時的に項羽が覇権をとった時代、蜀に封じられた劉邦は、関中(現在の長安一帯)への進出を図る為、新たに臣下となった韓信の策を採用しました。

実際に行動に移した韓信は、蜀から漢中へ出る全長200kmにも渡る一本道「蜀の桟道」の修理を行う一方で、山脈を大きく迂回して、陳倉を経由で関中を奇襲しました。敵将の章邯は「蜀の桟道」の修理が終わってから攻撃があるだろうと油断していた為、戦力に優っていたにもかかわらず次々に敗れ、関中を劉邦軍に奪われてしまいます。

「暗渡陳倉」によって要衝を奪った劉邦は、項羽に対して徐々に優勢となり、天下統一を果たすことになりました。

「暗渡陳倉」は、偽りによって相手を欺く計略の一つですが、偽装に相手の目を向けて真意を隠し通すことがポイントとなります。その意味では、高度な計略で、自分たちよりも強大でかつ油断しがちな相手に有効な戦術と言えるでしょう。

そして反対に、自分たちがライバルよりも有利な立場にある場合は、油断せずあらゆる方面からの “攻撃” に備えておく必要があります。

 

兵法三十六計を人生に活用しよう・・・

兵法三十六計」一覧を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…
  2. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  3. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  5. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
ページ上部へ戻る