経営者・社長で本を出版しない理由

経営者・社長で本を出版しない理由最近、ビジネス本や経営本がブームなのでしょうか。
出版営業の方が頑張っているのでしょうか。

身の回りの経営者・社長で本を出版する人が増えてきたように思います。ということで、今回は経営者の本出版について書いてみることにします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

実は、私のところにも立て続けに複数の出版社から本出版の打診がありました。結果から言うと、全てお断りしました。

出版社の方からは、経営者自身や会社のブランディングになるとか色々言われ、そういった側面があることは否定しませんが、本を書いたことでその著者自身に箔がつくような時代でもないと思います。

本を書くということは、

スポンサーリンク

1.自分の経験が人の為に役立つ
2.自分の考えを世間に広める

のいずれかだと私自身は考えています。

1.の場合だと、
そもそも、本というのは過去のことを切り取って取り上げているものです。

人は経験と共に成長すると思っていますので、成長途上の人の過去の話はほとんど意味がないと個人的には思っています。一年前に正しいと思ったことが、経験を積んで誤りに気付くことは少なくありませんので、本では最新の正しい情報をお伝えできないですし、

2.の場合だと、
例えば、本のプロモーションに関わるコストや出版に関わる時間でSNSのフォロワーを集めて、記事を発信した方が余程効率的です。
200万円程あれば Facebookページに約1万人のファロワーを広告で獲得できます。Facebookの場合、一記事を書くとフォロワー数の約20%の人にリーチする(記事を見てもらう)ことができますので、1万人のフォロワーがいれば、一記事で約2,000人、毎日一記事を投稿すると月に約6万人に記事を見てもらうことができます。

というのが本の出版を断った主たる理由です。

本は本の良さがあるかと思いますが、中小企業の経営としては、経営者&会社のブランディング面や集客の費用対効果からはもっと効率的なものはいくつもあるのも事実ですが。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  2. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  3. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  4. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  5. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る