李代桃僵 〜 兵法三十六計

兵法三十六計

李代桃僵 〜 兵法三十六計

李代桃僵(りだいとうきょう)〜 兵法三十六計

兵法三十六計とは、中国の三国時代以降に生まれた兵法書で、宋の名将 檀道済がまとめたと言われています。

そして「兵法三十六計」に書かれた故事や教訓は、単なる兵法ではなく処世術としても活用され、広く知られるようになっています。そういった意味では「兵法三十六計」を知ることで、現代の人たちにとっても人生の参考になるのではないでしょうか。

今回選んだのは、兵法三十六計の第十一計

「李代桃僵(りだいとうきょう)」

です。

「李代桃僵(りだいとうきょう)」

です。

「李代桃僵(りだいとうきょう)」とは

「李代桃僵」とは、
損失を被ることが避けられない場合、不要な部分を犠牲にしつつ、全体の被害を少なく抑えて勝利する」計略のことで、昔、立派な桃の木の傍らに李(すもも)の木が立っていて、桃が受けるはずだった虫害を李が代わりに受けて倒れてしまったという故事にちなんでいます。

「李代桃僵」の話

中国の戦国時代、孫武(孫子)の子孫である孫臏が斉の将軍 田忌に仕えた時のこと、斉の王と田忌が競馬大会を開きました。斉王と田忌には、それぞれ実力が上・中・下の三頭の馬を持っていました。それぞれの馬の実力は伯仲していたため、孫臏は田忌に対し、斉王の「上」の馬には「下」の馬を当て、「中」の馬には「上」を「下」の馬には「中」を当てるように知恵を授け、二勝一敗で田忌の勝ちとなったそうです。

犠牲ありきの戦略は賛否が分かれますが、特に中小企業においては、全方面で大企業と戦っても勝つことは難しく、戦うべきところと捨てるべきところを作って「選択と集中」を実行することが必要です。

そういった意味では「李代桃僵」は、中小企業が大企業と戦うための知恵の一つと言えるでしょう。

 

兵法三十六計を人生に活用しよう・・・

兵法三十六計」一覧を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  2. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  5. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る