検索順位とアクセス数の相関関係

検索順位とアクセス数の相関関係「Yahoo! や Google での検索順位が上がると、サイトへのアクセス数が増える」というのはイメージとして分かりますが、一体、どの程度増えるのでしょうか?

今回は、実例に基づいて検索順位とアクセス数の相関関係について書いてみることにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当社で運営しているサイトのページを過日、SEO対策済の状態で1ページ増やしました。
ページを作ったその日の内に検索エンジンに登録され、狙ったキーワードでの初期順位は11位でした。
そして、ページ公開後、現在までの間で検索順位は以下のように推移 しています。

初期順位:11位
25日後 :10位
30日後 :6位
46日後 :5位
47日後 :3位
65日後 :2位

SEO対策の効果もあり、約2か月という比較的短期間で検索順位は順調に上昇しました。
ちなみに今回SEO対策で狙ったキーワードですが、比較的検索数が多めのワードだったということを踏まえて、どの程度のアクセスが生まれたのか を見てみることにしましょう。

11位: 5.19件
10位: 4.00件
6位: 9.86件
3位:18.57件
2位:28.57件

数値だけではイメージがわきにくいのでグラフにしてみると、

スポンサーリンク

検索順位とアクセス数の相関グラフ
こんな感じになります。

検索順位が1ページ目(10位以内)と言っても、上位と下位では生み出されるアクセス数が大きく違うことがわかります。

当社ではSEO対策を行うにあたって目標値を10位以内ではなく、5位以内もしくは3位以内に置きますが、上のグラフをご覧いただければその理由がおわかりいただけるかと思います。

上のグラフを見て、10位と11位のアクセス数が逆転している ことを不思議に思われる方がいらっしゃるかもしれません。若干補足しておきますと、これは数値の誤差ではなく、一般的に検索順位が1ページ目の最下位(検索順位が10位)と2ページ目の最上位(検索順位が11位)だと2ページ目の最上位の方がわずかながらアクセス数が上回ってくる為に起こる事象です。

今回の例では、まだ検索順位が1位になっていないので、1位になった段階で再度検証してみる予定です。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  2. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  3. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  4. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  5. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  4. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
ページ上部へ戻る