欲擒姑縦 〜 兵法三十六計

兵法三十六計

欲擒姑縦 〜 兵法三十六計

欲擒姑縦(よくきんこしょう)〜 兵法三十六計

兵法三十六計とは、中国の三国時代以降に生まれた兵法書で、宋の名将 檀道済がまとめたと言われています。

そして「兵法三十六計」に書かれた故事や教訓は、単なる兵法ではなく処世術としても活用され、広く知られるようになっています。そういった意味では「兵法三十六計」を知ることで、現代の人たちにとっても人生の参考になるのではないでしょうか。

今回選んだのは、兵法三十六計の第十六計

「欲擒姑縦(よくきんこしょう)」

です。

「欲擒姑縦(よくきんこしょう)」とは

「欲擒姑縦(よくきんこしょう)」とは、
敵との戦力差が十分でない状態では、相手を追い詰めずにわざと逃し、十分に力を削いだところで瓦解させる」計略のことです。

「欲擒姑縦」の話

中国の三国時代、蜀の軍師であった諸葛孔明は、雲南征伐を行った際、有力豪族の一人だった南蛮王 孟獲を戦って捕らえましたが、心服していないと見るや笑って逃し、また捕らえては逃すことを繰り返しました。そして七度目に捕らえられた孟獲は、また逃がそうとした孔明に対し「南方の者は私を含めて背くことはありません」と心服したそうです。

孔明は、捕らえては逃すことで孟獲の反逆心を少しずつ削ぎ、敵対する気持ちを最終的に瓦解させることで、損害を最小限に留めながら雲南地域の平定といった目的を達成したことになります。

囲師必闕(囲師には必ず闕く)という孫子の有名な言葉がありますが、自らとほぼ対等の相手を追い込めば「窮鼠猫を嚙む」状態になって反撃を受けて大きな損害を被る可能性があります。

「欲擒姑縦」は「囲師必闕」からさらに一歩進んで、相手の力が十分弱まったところで攻略したり、あるいは緩やかに対応することで戦わずして勝ちを得る計略ですが、対人関係も同様で、失敗した直後に部下や同僚を叱責することは得策ではありません。「パワハラ」という言葉もある通り相手を追い込むことにもなりますし、精神的な反発を生んで正しい忠告も相手に届かないことにもなりかねません。誤りを正すのであれば、失敗した直後ではなく、お互いに精神的に落ち着いている時に、冷静に話をするべきでしょう。

 

兵法三十六計を人生に活用しよう・・・

兵法三十六計」一覧を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  2. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  4. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  5. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る