我が気に入らぬことが、我ためになるものなり(鍋島直茂)

偉人の名言・格言

我が気に入らぬことが、我ためになるものなり(鍋島直茂)

我が気に入らぬことが、我ためになるものなり

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、「名言・格言」として伝わってきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その中から、時を超えて現代においても、人生に様々な示唆を与えてくれる「名言・格言」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「我が気に入らぬことが、我ためになるものなり」

という鍋島直茂の名言・格言です。

スポンサーリンク

鍋島直茂(1538年4月12日〜1618年7月24日:享年80歳)は、戦国時代から江戸時代初期の武将で、肥前佐賀藩の藩祖です。この地方を治めていた龍造寺家の家老職にありましたが、禅譲を受ける形で佐賀藩を受け継ぎました。藩祖として80歳で病死するまで、初代藩主となった息子の勝茂を支えた鍋島直茂ですが、今の世でも色あせない名言・格言を残しています。

今回ご紹介した「我が気に入らぬことが、我ためになるものなり」という名言・格言ですが、現代語に訳すなら「自分の欠点を指摘されるのは気に入らないが、気を鎮めて聞けば自分のためになる」となります。

人からの忠告や苦言は耳障りが悪いものです。確かに聞いた瞬間は腹が立ちますが、ぐっとその場をこらえて落ち着いて考えると、大体の場合は、自らに非があることがほとんどです。

常に正しい判断や行動ができる人はこの世にいません。誰しも大なり小なり誤りはあります。人生において大切なことは、失敗をしないことではなく、失敗を素直に認めて反省し、誤りを正すことだと思います。勇気を絞って忠告や助言をしてくれた人に感謝をして、自分の非を改めることこそ大切なのではないでしょうか。

今回は、鍋島直茂の「我が気に入らぬことが、我ためになるものなり」という名言・格言をご紹介しましたが、皆さんの心にこの言葉は響きましたか?偉人たちが試行錯誤し、彼らの人生が凝縮された名言・格言から学んで、自分たちの人生に活かせるといいですね。

偉人の名言・格言を見てみよう・・・

偉人の「名言・格言」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  3. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  4. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  5. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  2. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  4. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る