深慮遠謀(しんりょえんぼう)

故事成語

深慮遠謀(しんりょえんぼう)

深慮遠謀(しんりょえんぼう)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

深慮遠謀(しんりょえんぼう)

という中国の古書で賈誼が書いた「過秦論」が出典の故事成語です。

「深慮遠謀(しんりょえんぼう)」とは

「深慮遠謀(しんりょえんぼう)」とは、
「先々のことまで考えて周到にはかりごとを立てること」を指します。

では、出典となった「過秦論」を見てみましょう。

秦の天下が弱小だったわけではない。雍州の地があり、崤山と函谷関の固い守りがあった。陳渉の地位は斉・楚・燕・趙・韓・魏・宋・衛・中山の君のように尊いものではなかった。武器となった鋤や鍬は、戟や矛のように鋭利ではなかった。徴集された人々は諸侯の正規兵に匹敵するものではなかった。深謀遠慮も行軍用兵の道も、かつての士に及ぶものではなかった。

しかし、戦国時代の諸侯は秦を倒すことができなかったのに、陳渉は成功した。これはなぜだろうか?もし秦以外の諸侯と陳渉の長短や大小を較べ、権勢や力を較べるとしたら、双方の差は歴然としている。

秦は辺境の地から天下を取り、八州(豫、兗、青、揚、荊、幽、冀、并州)を支配して、諸国の王を臣従させた。その後、百余年を経て天下を平定し、殽山と函谷関に守られた地を宮にすることができた。ところが一夫が難を為しただけで七廟が破壊され、その身は人の手に殺されて天下の笑い者になった。

これはなぜだろうか?天下を治めたにもかかわらず、仁心を施さなかったことで、情勢が正反対に変わったのである。

「深慮遠謀」といえば、経営者にとって必須の資質ではないでしょうか。

職業柄、よく中小企業の経営者の方と会う機会がありますが、日頃の業務に振り回されている経営者をたまに見かけます。

会社の先々をことを考えて、段取りを立てていくことは経営者にしかできない仕事です。ある程度の規模の会社になってきたら、日常業務は部下に任し、経営者は先を見据えて考えることを本来業務としたいものです。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  3. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  5. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  5. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
ページ上部へ戻る