炭疽菌弾〜北朝鮮ミサイルから身を守る方法

北朝鮮ミサイル(サリン弾頭・炭疽菌弾頭・VXガス弾頭・核ミサイル)

炭疽菌弾〜北朝鮮ミサイルから身を守る方法

炭疽菌のミサイルから身を守る方法

北朝鮮を巡る情勢が緊迫してきています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

国会でも安倍首相が北朝鮮の弾頭ミサイルに化学兵器などが搭載される可能性について言及していました。

そこで、今回は、北朝鮮から弾道ミサイルが発射され、その弾頭に生物兵器である炭疽菌(たんそきん)が搭載されていたらどう行動するか、について見てみることにしましょう。

前段として、まず、炭疽菌の特性について見てみます。

スポンサーリンク

炭疽菌の特性

炭疽菌は、大量生産しやすく、長期保存ができ、温度変化や爆発にも耐えられるため、生物兵器としては理想的な物質です。潜伏期間は数日で、発症から2〜3日後に呼吸困難、発汗、血圧低下、痙撃、昏睡などの症状が現れます。治療をしなければ、ほぼ100%が死亡する。

炭疽菌を使ったテロと言えば、アメリカのマスコミや上院議員に炭疽菌が封入された封筒が送りつけられ、5名が死亡、17名が負傷した事件が有名です。

炭疽病を発症した人の治療としては、アミノグリコシド、マイクロライド、キノロン、テトラサイクリン系、クロラムフェニコールといった抗生物質を使った治療が有効です。

炭疽病にはワクチンがあり予防することができますが、日本においては炭疽菌のワクチンは認可されていないため、発症してからできるだけ早く抗生物質を使った治療を行うことが生死を分けることになります。
 

北朝鮮のミサイルに炭疽菌が搭載されていた時の対処法

炭疽菌は感染経路が多い生物兵器ですので、ミサイル着弾地点に近いエリアでは外にいないことが重要です。北朝鮮からミサイルが発射されて日本に着弾する情報を受け取ったら、速やかにできるだけ頑丈な建物または地下鉄などの地下施設へ退避しましょう。

北朝鮮のミサイルに炭疽菌が搭載されていて、近距離に着弾した場合は、屋内から外に出ず、例えば自宅の場合であれば、換気扇を止めて、窓や玄関に目張りをするなどして、外気ができるだけ入らないようにしましょう。

そして、外出は避け、テレビやインターネットを通じて情報収集を行い、政府・自治体の指示に従うようにしましょう。

また、数日の潜伏期間を経て発症した場合は、できるだけ早期に医師に見せ、症状が進まないうちに抗生物質を投与してもらうことが救命率を上げるポイントになります。

北朝鮮からのミサイルの弾頭が神経ガスだったら・・・

サリン弾〜北朝鮮ミサイルから身を守る方法」を見てみる

VXガス弾〜北朝鮮ミサイルから身を守る方法」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  2. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  4. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る