牛耳を執る(ぎゅうじをとる)

故事成語

牛耳を執る(ぎゅうじをとる)

牛耳を執る(ぎゅうじをとる)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

牛耳を執る(ぎゅうじをとる)

という中国の春秋戦国時代の故事にちなんだ故事成語です。

スポンサーリンク

「牛耳を執る(ぎゅうじをとる)」とは

「牛耳を執る(ぎゅうじをとる)」とは、
団体や組織などの実権を握って思うままに支配すること」という意味で使われます。

中国の春秋戦国時代において、諸侯が同盟を結ぶ際に最も実力のある人物がいけにえの牛の耳を割き、皆でその血をすすることで同盟を誓い合ったという故事が語源となっています。(出典:春秋左氏伝)

「牛耳を執る」と言えば叱られるかもしれませんが、比較的規模が小さな事業所には、何十年も同じ業務を行なっている「影の実力者」的な人がいる場合があります。そして、その多くは秘書だったり経理だったりと失敗が許されない重要な業務だったりするわけです。

確かに、失敗が許されず、経験の蓄積が必要な業務だと、担当を変えるメリットよりもリスクの方が大きいように思えて二の足を踏むのもよく分かるのですが、この人でなければできないという仕事を社内にいくつも作ることは基本的に望ましいことではありません。

その担当者が「牛耳を執る」かどうかは別にして、病気で長期に療養することもあれば、家庭の事情で会社を離れることもあるでしょう。そんな時に会社の業務が滞ってしまうことがないよう、定期的に担当替えをすることで業務を「ブラックボックス化」しないことが大切だと思います。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  2. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  4. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  5. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る