特定秘密保護法とは?

特定秘密保護法とは

特定秘密保護法を厳密に理解しようとすれば、それこそ特定秘密に関する法律や、これに関連する知る権利や基本的人権、プライバシーの権利など、様々な法律や解釈を理解する必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここでは、最低限これだけは知っておきたい内容に絞って、特定秘密保護法について見てみることにしましょう。

特定秘密保護法とは、日本国あるいは日本国民の安全を脅かすような秘密をきちんと守り、正当な理由なく秘密を漏らしたり提供したりする人を罰するための法律と言えます。

特定秘密保護法の正式名称は「特定秘密の保護に関する法律」で、2013年(平成25年)12月6日に国会で成立し、2014年(平成26年)12月10日に施行されています。

スポンサーリンク

特定秘密保護法を知るにあたり、まず、特定秘密保護法の「特定秘密」についてですが、「特定秘密」の範囲は、防衛・外交・特定有害活動・テロリストの4つの項目に関する情報で、これら4つの項目に関わる内容のみを特定秘密に指定することができます。

当初、特定秘密保護法の問題点の1つとして特定秘密の範囲や内容が分かりづらいということが挙げられていましたが、特定秘密に指定できる範囲を限定することにより、国民の自由との兼ね合いを整理しています。

なお指定された特定秘密には期限があり、基本的には最長5年間の期限となります。ただ、項目や内容によっては最長30年に達するまで再指定が可能であったり、場合によっては無期限に特定秘密にできるものもあります。そのため、国の解釈によって、都合の悪い情報を特定秘密として指定することにより、国民の知る権利などが阻害されるという懸念も一部から指摘されています。

ちなみに、無制限に特定秘密とするのは問題点があるため、その事項や内容が本当に秘密とすべきなのかをチェックする機関があります。それが「独立公文書管理監」と「情報保全監察室」であり、当該の職員が特定秘密とする事項や内容の妥当性などをチェックすることになっています。

また、特定秘密に指定した事項や内容を取り扱う人を選ぶ際に、相応しい人を選ぶことができるよう、適性評価という制度も設けられ、公正な情報管理ができるようになっています。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  2. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  4. マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  5. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る