環境クズネッツ曲線とは?

環境クズネッツ曲線とは

景気変動の波の一つ「クズネックの波」で知られるサイモン・クズネッツは、経済学の観点から見た「逆U字曲線理論」という理論を提唱しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「逆U字曲線理論」とは、経済が発展すると最初は社会の経済格差が広がるが、ある程度以上に発展すると逆に社会の経済格差が小さくなるという理論で、縦軸に社会の経済格差の指標を、横軸に経済規模の指標をとった場合、逆U字型になることから「逆U字曲線理論」と言われています。

今回取り上げる「環境クズネッツ曲線」とは、この「逆U字曲線理論」の派生理論です。環境クズネッツ曲線(The Environmental Kuznets Curve)の場合、縦軸に環境負荷の指標、横軸に経済規模の指標をとった場合、逆U字型のグラフになるという仮説になります。

この環境クズネッツ曲線の具体例としては、SOx(硫黄酸化物)が挙げられます。例えば、縦軸に空気中の二酸化硫黄濃度を取り、横軸に一人当たりGDPなどの経済規模の指標をとると、グラフの左側では二酸化硫黄濃度は増加関数となりますが、グラフの右側では減少関数となることがわかっています。

スポンサーリンク

つまり、経済発展が進んでいくと、何らかの要因によりGDPを生み出すために必要なエネルギー量が減り、環境汚染が減少するというのが「環境クズネッツ曲線」の考え方になります。

しかし、二酸化炭素の濃度など、その他の環境指標では「環境クズネッツ曲線」が当てはまらない(経済発展が進むにつれて環境が汚染される)ケースがほとんどです。

このように「環境クズネッツ曲線」の考えは賛否両論がある状況です。

現在、環境クズネッツ曲線は仮説にすぎず、学者や研究者が実証や理論的な証明を繰り返しています。そういった意味では、環境クズネッツ曲線が成り立つかどうかについては、これからの研究に委ねられていると言えるでしょう。

【関連記事:「クズネッツの逆U字曲線理論」とは?

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  3. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  4. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  5. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  5. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る