疑事無功(ぎじむこう)

故事成語

疑事無功(ぎじむこう)

疑事無功(ぎじむこう)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「疑事無功(ぎじむこう)」

という中国の古書「戦国策」が出典の故事成語です。

「疑事無功」とは

「疑事無功」とは、
疑心を抱いて行動しても、良い結果は期待できない成功しないので、一度決めたことは迷うことなくやり遂げるべきである」という意味です。

ちなみに出典となった「戦国策」の一節を見てみると、

肥義曰く、臣これを聞く、疑事は功無く、疑行は名無し、と

となりますが、現代文に訳すなら、

(趙の賢臣の)肥義が言うには「疑心を持って行っても成功せず、疑ってする行いでは名声は揚がらない」と。

といった感じになります。

趙王は、北方の騎馬民族が採るある戦法を採用しようとしていましたが、夷狄の戦法に対して反対の意見が多く、その採用をためらっていました。そんな趙王を見かねて進言したのが上記の肥義の「疑事無功」の一説です。この肥義の言葉を受けて騎馬民族の戦法を導入した趙は、その戦法で席巻することになります。

現代のビジネスにおいても、「疑事無功」は有効な言葉です。一旦、やると決めたことは疑ったり迷ったりすることなく、愚直に成功を目指してやり遂げることが重要です。

私自身を振り返ってみても、もっといい方法があるのではと考えたり、より効率的な方法がないかと考え始めると碌なことはありません。成功するかどうかは、たいていの場合、やるかやらないかにかかっているということを忘れてはいけません。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  2. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  3. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  5. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る