疑心暗鬼(ぎしんあんき)

故事成語

疑心暗鬼(ぎしんあんき)

疑心暗鬼(ぎしんあんき)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

疑心暗鬼(ぎしんあんき)

という中国の古書「列子」が出典の故事成語です。

疑心暗鬼(ぎしんあんき)

という中国の古書「列子」が出典の故事成語です。

「疑心暗鬼(ぎしんあんき)」とは

「疑心暗鬼(ぎしんあんき)」とは、
一度疑い出すと、何でもない事まで信じられなくなり恐ろしく感じる」という意味です。

ちなみに出典となった「列子」では、

ある男が鉞(まさかり)を失くしたが、隣の息子を怪しいと思うようになると息子の言動が全て疑わしいと感じるようになった。ところが、ある日、近くの谷底で失くした鉞を発見し、自分が置き忘れたことに気づくと、それ以降は隣の息子の言動を怪しく思うことがなくなった。

という話が書かれています。そして、この話の解説として以下の一節があり、その一節が「疑心暗鬼」の出典とされています。

諺に曰く、 疑心、暗鬼を生ず、と。
心疑う所有れば、 其の人鉞を窃まずといえども、
我疑心を以て之を視れば、則ち其の件件皆疑うべし。

この解説を現代文に訳すなら、

ことわざに「疑心、暗鬼を生ず」という言葉があるが、心の中に疑う気持ちがあると、本当は鉞を盗んでいなくても、疑心によって、いろいろなこと全てを疑ってしまう。

といった感じになります。

経営者として日々を過ごす中で、一番苦慮するのが「人を信じたり、疑ったりする」ということです。性善説に立ってどんな人でも全て信じてしまうと会社に大きな損失を与えてしまいますが、かといって、社員を含めて疑いも持ち出すと、まさに「疑心暗鬼」になってしまって上手くいきません。

結局のところは、人を見る目を養って自分の見る目を信じ、欲をかかず冷静に判断した上で、一度信じた人を信じ抜くということに尽きるのですが、言うのは簡単でも実践するのはなかなか至難の技です。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  4. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  5. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  4. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る