空城の計 〜 兵法三十六計

兵法三十六計

空城の計 〜 兵法三十六計

空城の計(くうじょうのけい)〜 兵法三十六計

兵法三十六計とは、中国の三国時代以降に生まれた兵法書で、宋の名将 檀道済がまとめたと言われています。

そして「兵法三十六計」に書かれた故事や教訓は、単なる兵法ではなく処世術としても活用され、広く知られるようになっています。そういった意味では「兵法三十六計」を知ることで、現代の人たちにとっても人生の参考になるのではないでしょうか。

今回選んだのは、兵法三十六計の第三十一計

「空城の計(くうじょうのけい)」

です。

「空城の計(くうじょうのけい)」とは

「空城の計(くうじょうのけい)」とは、
備えがない時に無防備に見せて、相手の警戒心を誘う」計略のことです。

「空城の計」の話

中国の三国時代、蜀の諸葛亮が魏を攻めた際、陽平関に駐留していた諸葛亮は援軍を派遣して手元に1万人の兵しかいない状態で、魏の司馬懿の20万人の兵を迎え撃つことになりました。

味方の兵を呼び返すには時間がないと知り騒然となった蜀軍の中で一人 諸葛亮は落ち着き払い、全軍にみだりに騒がないように命じ、城内を掃き清めて城の城門を開け放ちました。

そして、魏の大軍を前に一人で城の楼台に上がって琴を奏で、魏軍を城内へ招き入れるそぶりを見せました。

それを見た司馬懿は伏兵がいるものと疑い、兵を引いたのです。

「空城の計」は、無防備に見せることで相手方に警戒させるもので、相手の指揮官が優秀で慎重な人物であればあるほど、成功する確率が高い計略と言えるでしょう。

優れた経営者は、苦しい時の商談でも落ち着き払って窮地にあることを相手方に決して悟られません。そして、逆に有利な条件で商談をまとめ上げていきます。いわゆる「はったり」ですが、誰でも成功させることができるわけでなく、自身の胆力や交渉相手の状況把握など勝算があった上で行うことが重要です。

 

兵法三十六計を人生に活用しよう・・・

兵法三十六計」一覧を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  2. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  3. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  5. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る