笑裏蔵刀 〜 兵法三十六計

兵法三十六計

笑裏蔵刀 〜 兵法三十六計

笑裏蔵刀(しょうりぞうとう)〜 兵法三十六計

兵法三十六計とは、中国の三国時代以降に生まれた兵法書で、宋の名将 檀道済がまとめたと言われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そして「兵法三十六計」に書かれた故事や教訓は、単なる兵法ではなく処世術としても活用され、広く知られるようになっています。そういった意味では「兵法三十六計」を知ることで、現代の人たちにとっても人生の参考になるのではないでしょうか。

今回選んだのは、兵法三十六計の第十計

「笑裏蔵刀(しょうりぞうとう)」

です。

スポンサーリンク

「笑裏蔵刀(しょうりぞうとう)」とは

「笑裏蔵刀」とは、
相手に対し、まず友好的にへりくだった態度をとり、相手を油断させた後に隙を突いて攻撃を行う」計略のことです。

「笑裏蔵刀」の話

中国の春秋時代後期、越王であった勾践は、呉王の夫差によって会稽山に包囲され、滅亡の危機に追い詰められましたが、夫差の側近に賄賂を送って取り入り、降伏が許されました。

その後、勾践は夫差の召使いにされるなどの苦労を経ながら、次第に夫差の警戒を解き、ついには越に帰国が許されます。越に戻った勾践は、国力増強に努め、日々苦い肝を天井から吊るして舐めることで屈辱を忘れず、ついには会稽山で敗れてから20年後、夫差が諸侯との会盟で出た隙に呉に攻め込み、滅ぼすことに成功しました。

この話は、有名な故事成語「臥薪嘗胆」や「会稽の恥」の語源としても知られています。

このように、へりくだった態度の裏には「笑裏蔵刀」のように他に狙いがある場合もあります。必要以上にへりくだった相手には、奥に他に真意が潜んでいないか、疑うことも時には必要なのかもしれません。

一方、職業柄色々な中小企業を訪問することが多いのですが、現代のビジネスシーンでも、狙いのあるなしは関係なく、力のある会社の経営者・担当者は、その力を誇示せず、謙虚に振る舞うのが多いように思います。謙虚な気持ちや笑顔で接することは、相手の警戒心を解き、仕事上でも大きなプラスになるということは覚えておくべきでしょう。

 

兵法三十六計を人生に活用しよう・・・

兵法三十六計」一覧を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  4. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  5. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  4. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る