脱時間給制度とは?

脱時間給制度とは

脱時間給制度とは、高度プロフェッショナル制度と呼ばれる、年収1075万円以上を対象とした新しい働き方に関わるルールで、安倍内閣が掲げる「働き方改革」の目玉とも言える制度の一つです。

この脱時間給制度は、残業代ゼロ法案、ホワイトカラーエグゼンプションとも呼ばれていて、特定の条件下でこれまでの労働基準法の適用を外す内容で、2015年に閣議決定・国会に提出された労働基準法改正案に含まれています。脱時間給制度が含まれる労働基準法改正案は、国会で審議入りできていない状況で、今後の動向が注目されています。

具体的には、労働時間や休日の制限、深夜の割増賃金の対象から外れることなどが、脱時間給制度の特徴といえるでしょう。

適用される対象者としては、金融商品の開発業務やディーリング業務、市場や企業の分析を行うアナリスト、事業と業務の企画や運営を仕事とするコンサルタントが該当し、書面で契約して職務の範囲が明確になっていたり、その範囲内で労働しているといった条件があります。

年収1075万円という金額は平均給与の3倍が基準となっていていますから、大多数の労働者にはあてはまらず、限られた人だけが対象となる制度になります。

脱時間給制度のメリット

脱時間給制度のメリットとしては、まず、働き方の自由度が増して、生産性の向上に期待できることです。脱時間給制度では、成果で報酬が決まるという性格が強いので、モチベーションがアップしたり、正確な評価に基いて報酬が支払われることになります。

これまでの労働基準法は、労働者を守る傾向が強い代わりに制限も多く、その制限が労働生産性を下げる要因だとされていました。

元々、生産性の高い人は特に、労働基準法の枠にマッチしていない可能性があり、これに変わる新しい制度が必要とされたことから、脱時間給制度が生まれました。残業代ゼロ法案により自由な働き方が実現することで、労働者の側はワークライフバランスが取りやすくなり、企業にとっては無駄な残業代の削減が期待できます。

脱時間給制度のデメリット

一方、脱時間給制度のデメリットとしては、残業が横行する懸念であったり、成果を評価する難しさが挙げられます。

脱時間給制度については、野党などから「残業代ゼロ法案」とも呼ばれていますが、その理由は従来のルールに従い残業代が支払われなくなることで、サービス残業が発生しやすくなると考えられている点にあります。また、報酬が成果によって決まりますから、成果を評価する側、つまり企業に有利な制度だという批判も出ています。

こういった批判は、脱時間給制度の見直しに結び付いていて、4週間に最低でも4日、年間104日の休日を確保することや、退勤から次の出社まで一定のインターバルを設けるルールも盛り込まれ、2週間連続の休暇であったり、臨時の健康診断も見直し案として検討されています。

脱時間給制度(高度プロフェッショナル制度)は、正しく運用されればメリットのある制度ですが、まだ導入に際しての様々な課題が残っている状態だと言えます。働き方を改善して生産性が向上できるよう、念入りな制度設計をする必要があるでしょう。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  2. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  4. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  5. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  2. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  3. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る