衆を治むること寡を治むるがごとく|孫子の兵法

孫子の兵法

衆を治むること寡を治むるがごとく|孫子の兵法

衆を治むること寡を治むるがごとく

「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その中から、今回は孫子にある「衆を治むること寡を治むるがごとくなるは、分数是れなり」という言葉を見てみることにしましょう。

衆を治むること寡を治むるがごとくなるは、分数是れなり。
衆を闘わしむること寡を闘わしむるがごとくなるは、形名是れなり。

が「衆を治むること寡を治むるがごとくなるは、分数是れなり」のくだりですが、現代語訳にすると、

スポンサーリンク
戦いに際して、大勢の兵士をまるで小人数のように整然と統率できるには、部隊の組織編成をしっかりすることが重要である。大勢の兵士をまるで小人数のように整然と戦わせることができるには、指揮系統をしっかりすることが重要である。

という意味になります。

小規模な会社だった時にはフットワークが軽かったのが、社員数が増えるにつれて急激に意思決定や行動が遅くなっていく会社を見かけますが、そういった会社が参考にすべきフレーズだと思います。

実際に企業を見ていて、どういった場合にどの部署のどの職位の人間が意思決定をするのか、誰が誰を指揮統率するのか、中小企業では曖昧な企業が多いように感じますが、組織に関する部分をしっかりと固めることが企業業績を上げていくためには重要です。

孫子の兵法から勝ち方を学ぼう・・・

次は「孫子の兵法 一覧」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  3. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  5. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  5. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
ページ上部へ戻る