赤壁の戦い|史実でみる真相

赤壁の戦い|勝因・敗因

赤壁の戦い|史実でみる真相今回は、西暦208年に現在の中国湖北省で起こった「赤壁の戦い」について、史実でみる真相を見ていきましょう。

赤壁の戦いについては、小説 三国志のクライマックスとして、「呉を大軍で攻めた曹操軍が孔明や周瑜の活躍によって孫権・劉備の連合軍に大敗した」という話をご存知の方も多いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

しかし、現代に伝わる三国志の話は、三国志演義という14世紀ごろに描かれた通俗的な歴史小説で、赤壁の戦いについての記載もフィクションの部分が多いと言われています。史実としてみた時、曹操軍が長江南岸に侵攻しようとして赤壁で戦いが起こったことは確かなようですが、戦い自体の詳細は明らかではありません。

赤壁の戦いの史実

赤壁の戦いから90年ほど経って書かれた正史としての「三国志」を見てみると、

魏(曹操)の立場からまとめられた「魏志」では「曹操は赤壁に出兵したが、劉備と戦って敗れた。その時、疫病が蔓延し、兵士の多数を失った」と書いていますし、「呉志」には「周瑜と程普が劉備と共同して曹操軍と戦い大勝し、曹操は船を焼いて撤退した。その後、曹操軍は飢えと疫病で大半を失った」と、「蜀志」には「孔明が呉を動かし、周瑜・程普率いる孫権軍と劉備軍が共同して戦い、船を焼いて曹操軍に大勝した。その後、曹操軍は疫病で多くの兵を失い撤退した」と書かれています。

スポンサーリンク

赤壁の戦いについて、史実的に事実と見られる内容をまとめてみると、

  • 荊州北部を支配下に納めた曹操が長江南岸に侵攻しようとして劉備・孫権連合軍に敗れた
  • 曹操軍は軍船を用意したが、戦いで失った(焼失した もしくは 自ら破却)
  • 曹操軍は赤壁の戦いの最中もしくは直後に疫病で多くの兵を失った。

ということになりそうです。

赤壁の戦いの真相とは?

「魏志」「呉志」「呉志」はそれぞれ自国に都合よく“盛った”部分があることを勘案すると、赤壁の戦いの真相とは、

  • 曹操は、荊州を支配下に納めた流れで劉備の勢力を掃討するつもりで赤壁へ出陣した
  • 劉備の使者として孔明が呉に赴き、劉備と孫権は連合して曹操に敵対した
  • 3〜4ヶ月の滞陣の間、局地戦で劉備軍・孫権軍は曹操軍を破った
  • 戦線は膠着し、疫病が蔓延しつつあったため、曹操軍は軍船を焼いて破却し、撤退を始めた
  • 疫病の蔓延により撤退は困難を極め、動員した兵の多くを失った

とみるのが妥当な気がします。

曹操軍が壊滅的な損害を受けたのは間違いなさそうですが、直接的な戦闘ではなく、疫病の蔓延による被害が甚大だったようです。赤壁の戦い自体は寒い時期に行われていますので、今でいうインフルエンザか腸チフスのような病気だったのかもしれません。

戦いの真相は今となっては推測するしかありませんが、赤壁の戦いにより曹操軍が大きなダメージを受けたことで、以降、魏呉蜀による三国鼎立時代へと移っていくことになります。

日本・世界の主要な戦いの勝因・敗因がここに・・・

次は「戦いの勝因・敗因一覧」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  3. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  5. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
ページ上部へ戻る