趁火打劫 〜 兵法三十六計

兵法三十六計

趁火打劫 〜 兵法三十六計

趁火打劫(ちんかだこう)〜 兵法三十六計

兵法三十六計とは、中国の三国時代以降に生まれた兵法書で、宋の名将 檀道済がまとめたと言われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そして「兵法三十六計」に書かれた故事や教訓は、単なる兵法ではなく処世術としても活用され、広く知られるようになっています。そういった意味では「兵法三十六計」を知ることで、現代の人たちにとっても人生の参考になるのではないでしょうか。

今回選んだのは、兵法三十六計の第五計

「趁火打劫(ちんかだこう)」

です。

スポンサーリンク

「趁火打劫(ちんかだこう)」とは

「趁火打劫」とは、
相手の混乱に乗じて動くことで、利益を得る」計略のことです。

「趁火打劫」の話

中国の戦国時代、斉が韓と同盟を結んで北方の燕を攻めようとしましたが、隣国の趙と楚が睨みを利かせていた為、うまくいきませんでした。そんなある時、西方の秦が魏と結んで韓を攻めたので、斉の王は同盟国の韓に援軍を出そうとしたところ、家臣の一人が、秦と魏の勢力拡大を良しとしない趙と楚が韓の救援に向かうであろうから、我が国は静観すべきだと進言しました。

その結果、秦・魏・韓・趙・楚が入り乱れての戦いとなった為、その隙に乗じて、斉は燕を攻め、短期間で燕の攻略に成功しました。

ライバルを打ち負かすのに、必ずしも真っ向から戦うことだけが選択肢ではありません。よく似た言葉に「火事場泥棒」という言葉があります。「泥棒」と聞くとマイナスのイメージを持つかも知れませんが、純粋に計略として考えるなら、相手を混乱させ、あるいは、相手の混乱を待ち、その隙に乗じて勢力を一気に拡大することはためらうべきではないのかも知れません。

いつの世も、チャンスを見過ごさず、畳み掛けていく大切さを「趁火打劫」は教えてくれています。チャンスを活かせなければ、次は自分がピンチになるということも頭に入れておくべきでしょう。

 

兵法三十六計を人生に活用しよう・・・

兵法三十六計」一覧を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  2. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  3. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  4. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  5. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  3. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る