邯鄲の夢(かんたんのゆめ)

故事成語

邯鄲の夢(かんたんのゆめ)

邯鄲の夢(かんたんのゆめ)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

邯鄲の夢(かんたんのゆめ)

という中国の古書「枕中記」が出典の故事成語です。

「邯鄲の夢(かんたんのゆめ)」とは

「邯鄲の夢(かんたんのゆめ)」とは、
唐代の盧生という青年の夢にまつわる故事から生まれた言葉で「人の栄枯盛衰は儚いものである」という意味です。

ちなみに出典となった「枕中記」の一節を見てみましょう。

盧生欠伸して寤む。見れば方に邸中に偃し、顧みれば呂翁傍らに在り。主人黄粱を蒸してなお未だ熟せず。触類故の如し。蹶然として興きて曰く、豈にそれ夢寐なるか、と。翁笑いて謂いて曰く、人世の事もまた猶お是くのごとし、と。生、これを然りとす。良久しくして謝して曰く、夫の寵辱の数、得喪の理、生死の情、尽くこれを知れり。これ先生の吾が欲を塞ぐ所以なり、敢て教えをうけざらんや、と。再拝して去る。

これをもう少し詳しく現代文に訳してみましょう。

唐の時代、盧生という青年が、邯鄲の近くの旅館で呂翁という道士に出会いました。

盧生は、呂翁に貧しい境遇を嘆き、出世の望みのないことを話しましたが、そのうち眠くなった盧生に、呂翁は栄華が意のままになるという不思議な枕を貸しました。

眠りに入った盧生は夢を見ます。夢の中の盧生は、名家の娘と結婚し、その後、とんとん拍子に出世して高官になりました。その後、謀反を疑われるなど紆余曲折を経た後、復権して宰相となり、晩年は大勢の子や孫に囲まれて幸せに過ごしました。そして、天寿が尽きて波乱万丈の人生が終わる頃、あくびをし、目が覚めました。

周囲を見れば旅館の店先に寝ていて、横に呂翁がいることに気がつきました。旅館の主人は盧生が寝る前にきびを炊いていましたが、まだ炊き上がっていませんでした。目に映るもの全てが夢を見る前と同じでした。

盧生は飛び起き「今のは夢だったのですか?」と聞くと、呂翁は笑いながら「人の世はこのようなものです」と言いました。

それを聞いた盧生は「名誉と恥辱の経験も、栄えたり滅んだりする道理も、生きていたり死んだりする時の気持ちも、みなよくわかりました。これもすべて先生が私の欲を抑えようとお考えになってのことでしょう。これからも決してこのことは忘れません」と礼を言い、立ち去りました。

といった感じになります。

「邯鄲の夢」と言えば、人生には必ず波があります。

調子が良い時は、その状態が永遠に続くと勘違いしがちですが、いつまでも良いことばかりは続きません。反対に、現在は最悪の状態であったとしても、悪いことばかりが続くわけでもありません。

良い時期は謙虚に、悪い時期は希望を失わず生きていくことが、次の転機での没落・飛躍を左右するということを忘れないようにしましょう。

  

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  2. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  3. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  4. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  5. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  4. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  5. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る