雇用リスクとは?

雇用リスクとは

雇用リスクとは、文字通り、雇用に伴うリスクのことを指します。日本においては、主に雇用をする側が受けるリスクとなっていて、事業を行うにあたって無視をすることができないリスクになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本ではなぜ雇用する側にリスクがあるのかというと、ひとつは世界の中でも厳しい雇用規制があるためです。

日本では、一度でも正規雇用をしてしまった場合、期待に見合う働きをしてくれなかったしても簡単に解雇をすることができません。十分な働きをしてくれないのは、采配をする側の責任であり、雇い主は雇った人間に見合った仕事を提供するべきという考え方があるためです。

そのため、日本では企業側の雇用リスクが非常に高く、その結果として、労働者側のリスクも大きな問題となっています。

スポンサーリンク

企業が正規雇用に二の足を踏むため、正社員として働くのが難しく、正社員になることが難しいだけに職場環境が悪くても簡単に転職をするということができません。
新しく人を雇い入れるのが難しいので、最小限の人数で運営をしていこうとするため、労務問題が発生しやすく「ブラック企業」という言葉が度々問題になっています。

ブラック企業であっても仕事を失う訳にはいかないため、環境が悪くても労基署に訴えることができなかったり、あるいは訴えても環境が改善されることがなかったりして、誰にも助けを求めることができない状況になりがちです。

企業としても人を雇えば雇うほど将来のリスクが増大することになるので、短期的に見れば割高でも簡単に解雇や雇い止めにできる非正規雇用や派遣社員に頼ることになってしまいます。

終身雇用というのは上手く行っているときには、雇用する側は安定した労働力を確保することができ、雇用される側は安定した職を手にすることができるというメリットがありますが、一度そのバランスが崩れてしまうと人を雇いづらく仕事が見つかりにくいという悪い流れになってしまうことが珍しくありません。

雇用する側のリスクが大きいことによって、世の中の景気が悪くなってしまうと雇用される側も仕事が見つからず、辞めるに辞めれないという状況になってしまうのが、日本の社会における広義の「雇用リスク」と言えるでしょう。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  2. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  3. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  4. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  5. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  3. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
ページ上部へ戻る