集客する為にアメブロでブログを書いたらダメな4つの理由

img_g006

集客する為にアメブロでブログを書いたらダメな4つの理由時折、アメブロのカスタマイズについてお問い合わせいただきます。

当社ではアメブロのカスタマイズについてのサービスは提供していませんのでお断りするのですが、今回は、そもそもで、集客でブログを活用したい人が「アメブロでブログを書いたらダメな理由」について書いてみたいと思います。

アメブロは無料で使えるブログサービスです。アメブロはブログの代名詞と言われるくらいに知名度があります。無料&知名度で、集客をしていきたい人がアメブロにまず手を出してしまうのはわかる気がします。

アメブロ内が一つのコミュニティになっていて、ブログアクセスが生まれる仕組みが作られていますので、少ない労力で多くの人に見てもらうことができるのは良いところですが、実は、集客したい人がアメブロでブログを書く場合、決定的なデメリットがあるということは意外に知られていません。

アメブロでブログを運営する上のデメリットを挙げると、

  1. 独自ドメインが使えない
  2. ルール的には商用禁止
  3. ログの持ち主はアメブロの運営会社のサイバーエージェント社
  4. ブログアクセスの数があてにならない

という点が挙げられます。

まず、1点目の「独自ドメインが使えない」ということについてですが、集客面ではSEO上のデメリットがあります。アメブロでアカウントを作ると、アメブロのドメインでブログが表示されることになります。検索システムを提供しているGoogleでは、検索結果が特定の情報だけに偏ることを避けるために、検索結果への同一ドメインの表示には制限を掛けていますので、インターネット検索をした場合、自分のブログが表示されにくいということが起こります。

ある特定のキーワードで検索をした場合、アメブロからは限られた数のページしか検索結果に表示されない為、誰も書いていないようなニッチなジャンルでブログを書くのであれば良いのですが、似たような内容で競合相手が多いジャンルの場合は、永遠に検索経由からのアクセスがないということにもなりかねません。

次に、2点目の「ルール的には商用禁止」ですが、アメブロの運営会社であるサイバーエージェント社の承認のない商業行為は規約により禁止されています。とはいっても、アメブロとしては、ブログを書いてもらってアクセスが発生すれば、広告収入が入ってきますので、悪質な商業行為以外は目をつぶっているようです。

アメブロが集客に向かない3点目とは・・・

ページ:

1

2

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 桶狭間の戦い|勝因・敗因

    桶狭間の戦い|織田信長の勝因

    今回は、有名な武将、織田信長の転機となった桶狭間の戦いについて見てみましょう。桶狭間の戦いでの織田信…
  2. 赤壁の戦い|勝因・敗因

    赤壁の戦い|孫権・劉備軍の勝因

    赤壁の戦いは中国の後漢末期、いわゆる“三国志時代”に起きた戦いです。 魏の曹操が率いる大軍に対…

偉人から学ぶ

  1. ijin_g007

    鈴木貫太郎|偉人列伝

    鈴木貫太郎は、日本の海軍軍人で、政治家でもあります。また、第42代内閣総理大臣に就任したことでも知ら…
  2. ijin_g003

    石田三成|偉人列伝

    石田三成は戦国時代、特に関ヶ原の戦いに至るまでの過程でなくてはならない重要人物であり、当時の日本を大…
ページ上部へ戻る