ijin_g009

吉田松陰|偉人列伝幕末の立役者として有名なのが、長州藩の吉田松陰です。

吉田松陰は、いわゆる幕末動乱期には、すでにこの世を去っていたものの、彼が教育を施した若者は、まさに幕末の主役となっていきました。そんな吉田松陰のエピソードとしては、数々の印象的なものが残されています。

吉田松陰は、1830年8月、現在の山口県萩市で長州藩士の子どもとして生まれました。

藩士といえば聞こえはいいですが、その生活は極めて貧しく、武士でありながら、その生計を畑仕事で立てていました。幼い松蔭も、一緒に耕作に精を出し、仕事をしながら学問を学んでいました。吉田松陰の才能は早くから開花し、5歳になるまでに論語を諳んじることができるまでになりました。

同じ頃、吉田松蔭は子どものできない叔父の養子となります。その家は、山鹿流という兵学の師範の家でした。老い先が長くないことを悟った叔父は、わずか5歳の吉田松蔭に、徹底的に兵学を教え、翌年、そのまま亡くなってしまったのです。こうして山鹿流の家を継いだ6歳の吉田松蔭でしたが、そこへ、もう1人の叔父がやってきます。そして、とても幼い子どもへの態度とは思えないほどの、スパルタ教育を開始したのです。それは、授業中に頬を掻いただけで激怒されるという、凄まじいものでした。

吉田松蔭自身、何故死ななかったのか不思議でならないと振り返るほどの教育は、松蔭の実力を大きく開花させました。ついに吉田松蔭は、弱冠9歳にして長州藩の学校である明倫館の師範に就任し、11歳のときには藩主の講義を行うなど、その名を長州に轟かせたのです。13歳になると、吉田松陰は長州軍の総指揮官として演習を実施するなど、藩を担う人材として、大きな期待をかけられるまでになっていきました。

こうして、一見順風満帆な吉田松陰でしたが、意外な切っ掛けで武士の資格を失うことになります。それは、1852年のことでした。知人と一緒に旅行することになった吉田松蔭は、藩から通行手形が発行されるのを待っていました。この時代は、藩からの手形がなければ、自由に旅をすることができないのです。しかし手違いもあり、一向に発行されず、出発の期日は刻一刻と迫っていきます。松蔭は悩んだ末、友人との約束を守ることを優先し、脱藩して旅立ってしまいました。

友人との約束を果たし、旅先で大いに見聞を広めると、吉田松蔭は潔く藩に出頭します。しかし彼に下された決定は、非常に重いものでした。吉田松蔭は武士の資格を剥奪され、お家も取り潰しになってしまったのです。しかし、彼の才能の惜しむ藩は、そこに追加事項を設けました。諸国遊学を許可する手形を発行すると共に、後に再び藩士として取り立てることを約束したのです。いかに、長州藩が吉田松陰に期待していたかを物語るエピソードといえます。

そのまま順調に行けば、吉田松陰は穏やかな生を全うできたことでしょう。しかし、異国からやってきた船が、彼と日本の運命を狂わせました。かのペリーが来航した際に、その威容に驚愕した吉田松蔭は、誰よりも西洋文明に危機感を覚えます。そして異国を自分の目で確かめるために、黒船を頼って密航することにしたのです。門弟と共に漁船を盗んだ松蔭は、夜の闇に紛れて、黒船に乗り込むことに成功します。しかし、そこまででした。

ページ:

1

2

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因

    関ヶ原の戦い|西軍の敗因

    関ヶ原の戦いとは、戦国時代の末期に当時の日本の諸大名が東西の両陣営に分かれて戦った歴史的な大戦です。…
  2. 赤壁の戦い|勝因・敗因

    赤壁の戦い|孫権・劉備軍の勝因

    赤壁の戦いは中国の後漢末期、いわゆる“三国志時代”に起きた戦いです。 魏の曹操が率いる大軍に対…

偉人から学ぶ

  1. ijin_g006

    緒方洪庵|偉人列伝

    緒方洪庵は、江戸時代後期に医師、蘭学者として活躍した人物です。 緒方洪庵は文化7年、備中国足守…
  2. ijin_g003

    北条時宗|偉人列伝

    北条時宗は、1251年6月5日、第5代目執権北条時頼の子息として誕生しました。 北条時宗は、鎌…
ページ上部へ戻る