50hzと60hz 電力エリアの違いはなぜ?

50hzと60hz 電力エリアの違いはなぜ?

50hzと60hzの電力エリアの違いがある理由

私たちの生活に欠かすことができない電力は、電力会社から電線を伝って各家庭などに送られています。その電流の種類は交流と呼ばれる種類で、これは電気がプラスとマイナスに、常に入れ替わっている種類の電力です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1秒間に何回、入れ替わっているのか示すのが周波数と言い、hz(ヘルツ)の単位であらわされます。つまり50hzの場合は、1秒間に50回、プラスとマイナスが入れ替わっていると言うことです。

この周波数(hzヘルツ)に関しては、日本であればどこでも同じだと思っている人も多いかもしれません。しかし、実は日本では、50hzのエリアと60hzのエリアに分かれています。

どのように分かれているのかと言うと、これは大雑把に言うと静岡県の富士川と新潟県の糸魚川を境界線として、それより東側は50hzのエリア、西側は60hzのエリアに分類されています。東日本は50hz、西日本は60hzと理解するのがわかりやすいですが、一部地域においては混合している地域もあります。

スポンサーリンク

では、どうして日本では、東日本と西日本で50hzと60hzに電力の違いが生まれてしまったのでしょうか?

その理由は以下の通りです。

まず東日本では、もともとは交流ではなくもうひとつの電力である直流供給が主流でした。しかしコスト面などを考えると、交流の方に分があると言うことから、電力会社は交流に切り替えることにします。そのためにドイツから発電機を導入したのですが、その発電機の仕様が50hzだったというのが東日本が50hzのエリアになった理由です。

反対に西日本は、当初から交流送電を選択していたのですが、その際に導入していた発電機はアメリカ製のものでした。そしてこのアメリカ製発電機の仕様が60hzであったため、そのまま西日本は60hzのエリアとなり、日本の周波数は東と西で分けられてしまったと言うことです。

ちなみに電化製品に関しては、技術の進歩もあり、現在ではほとんどの電化製品がどちらの周波数でも、安心して利用できるようになっています。ただし周波数が限定されている、その旨の記載がある電化製品に関しては、その決まりを守ることが重要です。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  3. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  5. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  3. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  4. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
ページ上部へ戻る