AIDMA(アイドマ)とは?

AIDMA(アイドマ)とは?AIDMAとはマーケティング手法の一つとしてよく使われる用語で、「AIDMAの法則」とも呼ばれ、主に小売業界などで商品を相手に購入してもらうための効率的なプロセスをまとめたものです。「AIDMA」は「アイドマ」と読みます。

今回はそんな「AIDMA」について説明してみましょう。

「AIDMA(アイドマ)」は5つのプロセスの頭文字から作られています。
認知や注意を意味する「Attention」、興味や関心の「Interest」、欲求をあらわす「Desire」、記録する「Memory」、行動の「Action」です。「AIDMA」はこれら英語の頭文字を合わせたものになります。

ちなみに記録を意味する「Memory」については、動機の「Motive」が使われる場合もあります。しかし、どちらも同じようなもので、あまりこだわる必要はありません。AIDMAをあらわすときには一般的に「Memory」が使われています。

「AIDMAの法則」は、1920年代にアメリカの学者、サミュエル・ローランド・ホールが提唱した「消費行動」の仮説で、マーケティング論を習う際は必ず出てくるような理論です。日本においては、スタンダードなマーケティング手法の一つといって良いでしょう。

AIDMAの5つのプロセスは、大きく3つに分類されます。認知段階が「Attention」です。感情段階が「Interest」と「Desire」、そして「Memory」になります。最後に行動段階として「Action」が分類されます。認知段階から順に実行するのが基本の流れです。

まず、AIDMAの認知段階(Attention)では、顧客になる消費者に対して自社の商品の存在を知ってもらう努力をします。消費者はまだその商品を知りませんので、知ってもらうには、テレビコマーシャルを流したり、新聞折込チラシを配布するなどの方法をとって商品の認知度を高めていきます。

認知段階での注意点としては、あまりしつこくアピールすると消費者に嫌われるリスクを持つことから、注意しながら自然な形で自社の商品を知ってもらう配慮が必要です。

いよいよ「AIDMA」の最終段階へ・・・

ページ:

1

2
スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  2. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  3. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  4. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  5. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る