BNIの評判〜BNIは異業種交流会?ネットワークビジネス?

経営者交流会,異業種交流会,起業,経営者団体

BNIの評判〜BNIは異業種交流会?ネットワークビジネス?経営者向けの異業種交流会にBNIという団体があります。以前、このBNIについて記事を書きました。

この記事を見たという方から、BNIの評判について「BNIは異業種交流会なのですか?ネットワークビジネスなのですか?」と聞かれました。私は知り合いから誘われ、BNIの別々のグループ(チャプターというそうです)の定例会に二度ほど出席したことがあるだけなので「BNIには所属したことはないのでわかりません。」とお答えしたところ、「では、BNIについてどう思いますか?」と聞かれました。

この質問に「あくまで私見ですが」と前置きした上で、次のように答えました。

「異業種交流会や経営者団体には大きく三通りの意図が働いていると思っていて、仕事を探したり人脈を増やしたりしたい経営者が集まる場を提供したいという純粋な意図、そういう人達が多く集めて交流会主催者の商売につなげたいと考える意図、そういう人達を集めて会費収入を得たいという意図があります。

世の中には大小多くの異業種交流会がありますが、一般的に第一もしくは第二の意図が強い交流会や経営者団体は入会金はなく、月々の会費も非常に安い印象です。問題は第三の意図が強い場合で、例えば入会金が10万円、月会費が1万円のように年間20万円以上を会員から集めるような場合はあまり良くない意図が異業種交流会や経営者団体に潜んでいることが多いように思います。」

スポンサーリンク

「異業種交流会や経営者団体として様々な活動をして行くために会費が高額な場合もあるので一概には言えませんが、会費が1万円以上の場合は、BNIに限らず、会費がどう使われたかの決算をちゃんと会員に報告する運営の透明性がない異業種交流会や経営者団体はネットワークビジネスと変わりがないと思っています。」

最終的には、BNIや他の異業種交流会や経営者団体をどう思うかについては、経営者それぞれが考えることですが、加入する加入しないにかかわらず、しっかりと考えて決めて欲しいと思います。

BNIに入会しなかった理由を詳しく知るには・・・

次は「異業種交流組織BNIを勧めない3つの理由」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされるのが「一騎打ち」です。 ランチ…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認識した上で価値ある手立てで行うのが、競…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です。 弱者ならばランチェスター…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第1法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最も単純な戦闘を指すものとなってい…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国陸軍(24万人)・ロシア帝国軍…
  2. マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因
    今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。アテネ北東のマラトンで、ペルシャ帝国対ギリシ…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にかけて、現在のアメリカ合衆国ペンシルベニア…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦いでは圧倒的な大軍を抱える袁紹軍とそれに挑む曹操軍との間の戦争なのですが、兵糧の枯渇に苦しん…
  5. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦いは、中国の三国志の時代、曹操軍と袁紹軍が戦った戦いです。この戦では兵力的に大きく劣っていた…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る