DUAL AISASとは?DUAL AISAS(デュアルアイサス)とは、消費者が実際に消費行動をとるまでのプロセスをモデル化したもので、電通が主体となって組み上げた、現代という時代に即応したものとなります。

電通では2004年にこの前段となる消費行動モデル(AISAS:アイサス)を提示していましたが、考え方としては古くなってきたため、あたらしい概念を追加したものが「DUAL AISAS」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

従来のモデルでは、消費行動は注意、興味、検索、行動、共有といった、5つの段階をもって説明できるとされていました。このモデルそのものも、1920年代にアメリカで開発された消費行動モデルの改良版であって、オリジナルのものでは注意、興味、欲求、記憶、行動という順序で消費行動がすすむものという考え方が示されていました。

しかし、それはメーカー、小売店舗が一方的に製品やサービスを売り、消費者が一方的にそれを購入する、といった時代背景に基づくものですので、現実にそぐわない部分も出てきたのです。

そこで、2004年のAISASモデルでは、検索や共有といった、あらたなキーワードがモデルのなかに組み込まれることとなりました。

スポンサーリンク

すなわち、かつての時代とは違って、インターネットなどが一般にも普及しはじめた時代ですので、消費者は単に製品やサービスを消費するだけではなく、積極的に製品、サービスについてのくわしい情報を検索したり、または自らが選択した製品やサービスの価値を、広く一般に訴えかけるという行動がみられるようになったということです。

消費行動は買うという段階で止まってしまうのではなく、そこからブログやソーシャルネットワーキングサイトなどを通じて拡散し、さらなる消費行動を生み出すという環境になったと考えたのが「AISAS」モデルです。

一方、「DUAL AISAS」とは、2015年に発表された新たな消費行動モデルであって、2004年のAISASモデルを基軸としながらも、ソーシャル時代にふさわしい改良が図られたものといえます。

デュアルという名称があらわしているように、検索や共有といった、これまでの消費行動の軸に加えて、さらに起動、興味、共有、受容、拡散といった2本目の軸をもうけて、これらがクロスして消費行動全体を構成しているというイメージを提示しています。

この2本目の軸というのは、購買そのものが主役となっている従来の軸とはニュアンスが異なり、製品やサービスを消費者自らが広めるということに焦点を当てたもので、情報を広めたいという想いをもって2本目の軸に乗っていた人が、なんらかのきっかけによって買いたいという想いをもって、従来の軸に引き込まれるという消費行動プロセスになります。

マーケティングに役立つ用語がここに・・・

次は「役立つ用語集」を見てみる

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…
  2. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  4. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  5. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  2. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る