LPOとは?〜ランディングページ

ランディングページ,LP制作

LPOとは?〜ランディングページ

LPOとは

LPOとは、マーケティング用語の一つで、ランディングページ最適化(Landing Page Optimization)という意味の言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

実際にはWebページに於いて、そのサイトを訪問する人が最初に訪れるページ(「ランディングページ」と言います)を工夫することで、そのサイトを訪問した人が問い合わせをしたり、サイトを通じて商品購入をしたりする割合を高めることを指します。

インターネットを利用する人は、最初に訪問するページを見た時にそのサイトについて、いかに簡単に自分の目的とする情報を得る事が出来るかどうかといった点でサイトのことを判断します。そして、自分が探している情報を見つける事が出来ない場合は、直ぐに別のサイトに移動してしまいます。

そのため、LPOではランディングページのメニューの充実や検索機能を高めることで、目的の情報を得やすくするといったことが行われます。

スポンサーリンク

実際にWebサイトを運営する場合、お問い合わせや会員登録、商品購入などの目標を設定しますが、なかなか目標に至らない場合があります。そういう時に実施するのがSEOやリスティング広告などのネット広告等ですが、それには費用が発生します。

LPOではそうしたSEOや広告に対する費用対効果を高めることを目的として行います。

では、LPOの大まかな流れを見てみましょう。

まず、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを利用し、現在Webサイトを利用する人はどういった目的で訪れているのか、どこからアクセスしているのか、どういった検索ワードでアクセスしているのか、といった現状を知り、傾向と対策を練る事になります。

次に、それらをチェックし、Webサイトの問題点を洗い出してどうすれば良いか、どういう状況にすれば利用価値が高いコンテンツだと閲覧者に判断してもらうことが出来るかを考え、コンテンツを充実させたり、分かりやすい表示にします。

勿論、LPOを行ったからといって簡単にWebサイトにおける問題点が全て解決するという訳ではありません。また、状況は刻一刻と変化しているため、当初は問題がなかった内容でも、時間が経てば改善点が見えてくることもあります。

こうした問題点を明らかにすること、そしてその点の改善を継続して行っていくことによって、ランディングページ自体が訪問者にとって利用価値が高いWebサイトと次第に判断されるようになります。

特にWebサイトを閲覧する場合、利用者は最初のページ(ランディングページ)を3秒から5秒程度見ただけで自分に合っているかどうかを判断してしまう場合が多い為、短時間で分かりやすく、理解してもらいやすいサイト作りを行うことも必要となります。また、CV率を高めるために1枚ものの縦長のホームページ(狭義の意味で“ランディングページ:LP”と呼ばれることもあります)にすることも有効です。

こうした点について配慮しながら、サイトを訪問する人が最初に訪れるであろうページ(ランディングページ)の改善を行っていく為に必要な作業がLPOなのです。

 

マーケティングに役立つ用語がここに・・・

次は「役立つ用語集」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  3. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  4. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  5. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  2. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  3. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る