SEO対策で最も重要なこととは?

SEO対策,SEO

SEO対策で最も重要なこととは?SEO対策をする上で最も重要なことは何か?」についてお客様からよく質問を受けます。

ということで、今回は「SEO対策をする上で最も重要なこと」について書いてみることにしましょう。

SEO対策をする上で最も重要なこと」というと少々抽象的ですので、もう少し具体的に質問内容を噛み砕いてみましょう。

SEO対策をする場合、検索順位を上げることでサイトアクセスを増やし、お問い合わせやサイトからの売上を増やすのが目的ですから、ほとんどの場合、「SEO対策をする上で最も大切なことは何か?」とは「SEO対策で検索順位を上げるには何が最も必要か?」ということでもあります。

では、SEO対策で検索順位を上げるには何が最も必要なのでしょうか?

端的に言うと、サイトの「コンテンツの質」が最も重要です。
確かにSEO対策の技術も重要ですが、その技術を活かせるサイトやページの内容、つまり「コンテンツの質」がさらに重要です。コンテンツの質が確保されていないサイトにいくら強力なSEO対策を施しても、検索順位を上位表示することは叶いません。

コンテンツの質」と言ってもピンとこないかもしれませんが、どうやれば高い質のコンテンツを作ることができるのでしょうか?

その答えは「一般の方が知りたいと思っている情報について自分の言葉で書くこと」にあります。

インターネット上には様々な情報があふれています。インターネット上にある既存の内容をコピペしたようなコンテンツをよく見かけますが、こういったオリジナリティのない内容はNGです。オリジナリティのないコンテンツは検索エンジンから評価されないだけでなく、場合によるとペナルティの対象となってしまう場合もありますので、「自分なりの考えを自分なりの言葉」で書くようにしましょう。

また、テキストの分量も大切です。テキストの分量として目安となるのは1ページあたり1000文字前後となります。800文字より少なければ内容が薄くなりますし、1000文字を大幅に超えると内容が散漫になってきます。

もし、サイトアクセスが少なくてお問い合わせが少ないことにお悩みであれば、「コンテンツの質」を見直してみてはいかがでしょうか?

SEO集客がわかる!・・・

次は「SEO集客の情報一覧」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  4. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…
  5. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る