SIPSとは?SIPSとは、ソーシャルメディアを活用している生活者を考えたモデルのことです。

『Sympathize(共感する)』、『Identify(確認する)』、『Participate(参加する)』、『Share & Spread(共有と拡散する)』の頭文字を取ったものがSIPSであり、企業のコミュニケーション・プランディングには欠かせないモデルとなっています。また、ソーシャルメディアによって変化した情報の流れ方に対応した生活者の行動プロセスでもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まず、スタートとなる「Sympathize(共感)」は重要であり、企業のイメージを決定付けるものになります。情報を多くの人に浸透させるための過程なので、人が共感するポイントを絞る必要があります。共感してもらうことができれば、それで終わらせず、そこからコミュニケーションを積極的に取り、継続することが重要になります。信頼を得るための入り口になるので、共感してもらうことばかりに力を入れないように注意しなければなりません。

次に、「Identify(確認)」は共感した物が自分にとって利益になるのか、不利益なのかを確認するパートとなります。あらゆる手段で確認し、そこで自分には必要だなと感じれば、次のパートであるParticipateへと進んでいきます。

その「Participate(参加)」では、より知ってもらうために宣伝する、知人や友人に紹介するなどの行為を言います。これは、個人が宣伝することで認知度を上げていくことになり、多くの人が知ることに繋がります。購買に繋がらない行為も含み、情報に関わる行動をすることがParicipateとなります。

スポンサーリンク

最後の「Share & Spread(共有と拡散)」では、SIPSのSympathize、Identify、Participateを経た生活者が今度は企業のように宣伝活動をするパートとなります。実際に情報を得て利益を得たか、あるいは商品を購入したか、に限らず、どんどんソーシャルメディアを利用して宣伝活動をしていくでしょう。企業側から共感を求めるよりも、SIPSの過程を経た生活者の方が共感をされやすいことにより、企業自ら宣伝活動をすることなく、コミュニティーを通して自然に拡散します。

SIPSへ参加する人を増やすことができれば、その人数に比例して購買を増大させることとなり、企業は宣伝にコストをかけることなく売上げを伸ばすことに繋がります。つまり、SIPSは購買をゴールとはせず、次の参加者を増やすためのサイクルと言えます。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  2. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  3. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  4. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  5. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  3. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  4. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  5. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
ページ上部へ戻る