北朝鮮ミサイル(サリン弾頭・炭疽菌弾頭・VXガス弾頭・核ミサイル)

Xバンドレーダーとは?

Xバンドレーダーとは

北朝鮮によるミサイルを発射は、日本でも大きく報じられています。また、アメリカの最新鋭迎撃システムであるTHAAD(サード)の韓国配備についても、話題になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

THAADとは、弾道ミサイルが飛行の最終段階に入って落下し始めたところで撃ち落とすことができるシステムです。そして、その中核となるのが、発射された弾道ミサイルを素早く探知できる高性能の「Xバンドレーダー」と言われる「TPY-2レーダー」です。

そして、在韓アメリカ軍のTHAADに使われている「Xバンドレーダー」と同じものが、青森県と京都府に配備されており、日本の2つのレーダーと在韓アメリカ軍のTHAADは、データリンクでつながって、お互いをカバーしあうことができます。

青森県にあるXバンドレーダーは、つがる市にあり、2006年から運用されており、京都府にあるXバンドレーダーは、近畿で唯一の米軍基地がある京丹後市の宇川地区(航空自衛隊経ケ岬分屯地に隣接)にあり、2014年12月から運用されています。

スポンサーリンク

では、この「Xバンドレーダー」とは、どのようなものなのでしょうか?

Xバンドレーダーとは、Xバンドと呼ばれるマイクロ波を使ったレーダーで、主に軍事用または気象観測用に用いられています。周波数が短長波で、解像度と発信出力が大きいと言う特徴があり、探知能力に優れています。

そのため、ミサイル防衛においては、弾道ミサイルの発射を、いち早く察知して追尾することが可能なのです。Xバンドレーダーは、海上配備型のものと移動式(車載移動式)のものがあります。

車載移動式は、左右には回転せずに、上下方向の角度調整機能があります。探知距離についての詳細はアメリカ軍の機密であるため不明ですが、捜索モードで1000km以上の性能があると見られています。

日本海は、日本配備のXバンドレーダーが大部分をカバーしているため、北朝鮮がSLBMをどの位置から発射しても探知は可能で、京都にあるXバンドレーダーで韓国に配備されているTHAAD迎撃ミサイルを管制して誘導することもできる仕組みになっています。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  3. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…
  4. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  5. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  4. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る